読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

ゴスペラーズファンの集い2002(Zepp Sendai)

レポート ゴスペラーズ

注:MCの各メンバーの言葉は正確なものではありません。だいたいこんな感じかなと思ってください。

 

ちょうどゴスマニアに入って1年。私にとって初めてのファンの集いでした。開場時間30分ぐらい前に会場に到着しました。本当はもう少し遅くなるかもしれなかったんですが、予定より早い電車に乗ることができたので助かりました。ちゃっかり来る前に「星屑の街」をフライングゲットしてきたりしてたんですが。連れの分のチケットを引き換えるために当日券引き換えの列に並びました。私は予約受付が始まった4日目に電話がつながったんですが、けっこう早い方だったみたいですね。思っていた以上に当日券を引き換えている人がいました。私の整理番号は予想よりだいぶ前の方で、開場してすぐに入ることができました。会員証とチケットを見せるだけでOKでした。入るときにのど飴をもらいました。ウワサのロッテののど飴でした。偶然にも1週間前に風邪をひいた私が買ったのど飴と同じでした。グッズ売り場にほとんど人がいませんでした。終演後にグッズを買うのは不可能だと判断したので、とりあえず狙っていたカレンダーだけ買って、すぐロッカーにグッズと上着、マフラー、手袋などを入れました。あまりにも慌てていたのでチケットの半券を落としてしまったのですが(汗)スタッフの方に拾っていただきました(その節はありがとうございました)

会場は思っていたよりも小さかったです。テレビで見たZepp Tokyoはもっと大きくて、あれと同じくらいなのかなと勝手に思っていただけのことなんですが。私が行った時点では既に1ブロック目はいっぱいで、2ブロック目はガラガラでした。
とりあえず上手側に場所を確保。その後は開演までひたすら立ちっぱなしで待ってました。開演30分ぐらい前にスタッフの方が飲み物をステージ上に置いていきました。

しばらく待っていると何やらステージの方で動きが。
開演20分ぐらい前になった頃(ちなみに2階席はまだ入っていませんでした)ステージにスクリーンが現れてCMやプロモが流れます。星屑の街のCMが流れたときは歓声があがってました。確か「約束の季節」PV→「誓い」PV→「FRNZY」CM(はだかのゴス)→「Get me on」PV→「エスコート」PV→ロッテのCM→「星屑の街」PVの順番で流れていたと思います(FRENZYとGet me onは逆かも)歓声があがるのはわかるんですが、微妙に笑い声もあったような気がしました。北山さんの時が歓声大きかったかな(特にFRENZYのCMで)

セットリスト
1.いろは
2.Soul Man
MC
3.Betcha By Golly,Wow
4.A DREAM GOES ON FOREVER
5.Moon glows(on you)
6.I Miss You
7.潮騒
ゴスペラーズアーカイブ
8.こういう曲調好き
9.UPPER CUTS 9502
10.Gospellers' Theme
11.終わらない世界
12.真っ赤な太陽(なりきり)
13.星屑の街

アンコール
1.Tigar Rag

 

映像が終わってステージが暗くなって5人が登場します!酒井さんは髪をしばってます。黒ぽんはEZ!TVの時とは違ってました。ちょっと言葉ではうまく言えません(後ろに流しているような感じでした)

1.いろは
いきなり「A B C D E F・・・」と始まりました。なんだなんだと思っていましたが、とてもカッコいい曲でした。アルファベットが入ったと思ったら、昔の言葉使いも使われていて、日本語と英語の融合?された曲みたいと思ってました。

2.Soul Man
この曲も生で聞くのは初めてです。思えばEZ!TVでネタバレされてました。

MCに入る前に
てっちゃんが「ようこそ」と何回も言うのですが、その先がなかなかでてきません。
村「よ・・う・・こ・・そ・・Zeppさ・・・Zepp Sapporo
と言ってしまい客席から「えーーーーーーーー」というブーイングの嵐。すさまじい勢いでした。
今日は自己紹介ではなく他己紹介でした(全員ホントはもっとしゃべっていたんですが、ここまでしか覚えられませんでした)
まずはてっちゃんから黒ぽんの紹介。
村:高校の時から一緒に歌っています。美術部の部長として活躍していたことは知りません
この時黒ぽんは絵を描くジェスチャーをしてました。
次は黒ぽんから酒井さんの紹介。
黒:大学のアカペラサークルに見学に来た時に『誰が好き?』て聞いたら『久保田利伸』て言うから歌わせました
で、酒井さんから安岡さん。
酒:今日はやさしさがテーマみたいなので。数年前に僕が風邪を引いたときにどんぶりにおかゆを作って持ってきてくれました。その時のどんぶりとスプーンをまだ返していません
とうの安岡さんはすっかり忘れていたらしく
安:そんなことありましたねー。家のどんぶりがないなーと思っていた
と言ってました。
次は安岡さんが北山さんを紹介したのですが、内容は忘れました。すいません。
最後は北山さんがてっちゃんを紹介します。
北:初めて会ったときに、なんて怖い人なんだろうと思いました。でも本当はとてもやさしいです

他己紹介が全員分終わったところで安岡さんのどんぶりの話になり。
村:言葉ではいくらでも心配することができるけど、そうやって行動に出せるのは本当にやさしい。多分、今日の夜にはもうネットで広まっているよ。これはライブのネタバレじゃないので、どんどん書いていいです(←書かせていただきました)
?:きっと次の福岡の時にはみんなどんぶり持ってくるよ
安:持ってきても何ももらえないから、それは書かないでね
北:配給するわけじゃないんだから

3.Betcha By Golly,Wow
EZ!TVでさりげなくネタバレされていた曲です。ちょうど前日に「The Gospellers」を聞いていたので個人的にタイムリー。

4.A DREAM GOES ON FOREVER
安:3枚目のアルバムの「MO' BEAT」に収録されいるカバー曲です
と言って始まったのがこの曲です。一瞬自分の中に曲が出てきませんでした。

なつかしい曲が続いたところで、新曲の話に。ここで1曲目の曲が酒井さんの作った「いろは」という話になります。
酒:ある時パソコンを打っていたら英数字になっていたのに気がつかなくて、はっと顔をあげたら英語がずらーっと並んでて、「俺は今まで日本語をこうやって使ってきたのか!!」と思ったのがきっかけです。

5.Moon glows(on you)
村:次はY岡の作った曲
と紹介されたのがこの曲です。Y岡と言われた安岡さんは一瞬自分のことか分からなかったようです。ドゥーワップの曲だと言っていました。リードはずっと安岡さん。甘々な曲だなーというのが第一印象です。

6.I Miss You
これはてっちゃんの作った曲。
村:日本語にすると「さみしい」になっちゃって、それはヤバイから英語のタイトルにした。「さみしすぎて」にしても良かったんだけど、そうすると「それがどうした」って言いたくなるからやめた
ここでみんなでそれをやってみようという話になって、やってみたんだけどうまくいかなくて
酒:「それがどうした」って言うときに右足を踏み込まなくちゃならないから、それでうまくいかないのか!
てっちゃん曰く
村:ずっと朗読しているような曲。裏声で朗読しているような感じ
だそうですが、本当にその表現が合っていたと思います。曲が終わった後にしんみりしてしまいました。
そして歌が終わって
村:終わった後にしゃべりにくい
サビの部分を黒ぽんに歌わせたんですが
黒:高くて出ないよ
と言っておりました。

 

7.潮騒
ロッテののど飴のCMのタイアップがついたという話になって、学生時代はよく喉を痛めていたから色々なとこののど飴をなめていたそうです。そんな中でも、ロッテののど飴がよく効くと言ってました。
村:10年の間変わらないのがすごい
酒:かっぱえびせんのように!
客席に笑いが起こります。
安:あれはキングオブスナックだから
ネットで聞いていたのでサビの部分は知ってました。なんとなく雰囲気は「誓い」に似てるかもと思いました。

多分ここだったと思うんですが。途中で黒ぽんの話が続かなくなってしまったのです。そんな黒ぽんにてっちゃんがツッコんで、そのあたりから酒井さんとてっちゃんの関西弁のやりとりが始まったんですよ。ステージでは下手側でてっちゃんと酒井さんのやりとりが続いていて、そして真ん中から黒ぽん、安岡さん、北山さんの順番で立ってました。そんな2人が漫才を続けている間に北山さんがてっちゃんのマネして黒ぽんにつっこんだんですよ!胸を「おいっ!」という風に叩く、よくある感じのツッコミだったんですけど。客席からは思わず歓声が!
黒:今、北山が茶目ってたの気がつかなかったでしょ?
安:みんな北山に注目してて、そっち見てないよ
ちなみに私は2人のやりとりを見ていて、北山さんの茶目はちょっとしか見られませんでした。

ゴスペラーズアーカイブ
「潮騒」が終わったところでステージの電気が落ち、再びスクリーンが出てきます。そこに流れ出した映像はゴスの昔のライブ映像でした。

○4人のゴスペラーズ(1995.9.14 原宿ルイード
安岡さんが盲腸で入院していたため、ステージ上には4人しかいません。そんな安岡さんからメッセージが届いていると言って、ビデオが流れます。映像とライブで一緒に「Higher」を歌います。テレビの画面が2つに別れて、安岡さんとステージの映像が流れています。と、そこまで流れて、「Higher」の2番を歌いながら安岡さんが上手側から登場。他の4人も出てきます。
ここで映像のトリックが明かされます。盲腸で入院をしていたのは本当なんですけども、ビデオを撮影していたのは病院と見せかけて実は楽屋で、後ろの自動販売機に買いにきた女性も役者さんの知り合いに頼んでしこんでいたそうです。
そして今回と同じように、Higher2番を歌いながら舞台袖から出てくるという演出だったそうです。しかもその時は点滴のスタンドを持って、浴衣姿で登場したんだそうで。自分でビデオを見ていて、首を振りながら話すのが気になったのか
安:どうして首をあーやって話すんでしょうね
当時21歳だったとも言ってました。

村:この時は本当にヤングだな。今はヤングホストだけど。お前ハモホスとかやれよ
安:ハモホスね〜。まだ見てないんだよね
(なぜにここでハモホスが。先週の金スマでやってましたよ、安岡さん。私は真っ赤な太陽のとこだけ見てました)

 

○Gの貴公子(1999年 原宿ルイード
引きめの映像から入って、だんだん人影がはっきりしてきます。そこには舞いながら熱唱する北山さんの姿が!!北山さん。どこぞのジャ○ーズかと思いましたよ。たっぷりフルコーラス聞かせてくれました。
ターンをする時に眼鏡が飛ぶからという理由でコンタクトにした北山さん。この時の北山さんはメガネオフなのですが、急遽ダンスをやることになったのでコンタクトを用意してあるわけがなく、裸眼で踊ったそうです。
北:視力0.02ぐらいしかない
て、よくその状態で踊りましたね〜。多分何も見えていなかったんじゃないでしょうか。本当はマイケルジャクソンがあえて踊らないで歌っているのを見て、かっこいいと思ったからやりたかったのに、踊ることにされてしまったというエピソードがあったのです。ここで北山さんに「踊ってー」コールがかかって、少しだけ踊ってくれました。ちなみに踊ったときにポケットに入れていた音叉が飛んだらしいです。
なぜか
村:俺達も練習してきたダンスがある
と言って、てっちゃん、安岡さん、北山さんでダンスを披露してくれました。
終わって客席が拍手していると
酒:そうやってなんでもあまやかすな!!
とダメ出しが。そんな酒井さんをてっちゃんが大阪弁でなだめます。
ここで2回目の二人の関西弁のやりとりが始まります。酒井さんも西日本出身ではありますが、大阪弁はてっちゃんの方が流暢でした(当たり前)
村:お前の関西弁は考えてるから遅いねん
みたいなことを言われてました。そんなことを言われてしまった酒井さん。
スーツのジャケットを腕を袖に入れたまま頭からかぶり、自分のイスに戻っていきました。(よく昔ジャージでこれやっていた人がいたと思うんですが、上手い表現が見当たらない…)

ゴスペラーズバンド エルヴィスプレスリー緊急来日(1996年)
ゴスのコンサートにエルヴィスが来てくれたという設定のようです。
担当は
ドラム…てっちゃん
クールに見えて実はいっぱいいっぱいのギター…安岡さん
一番余裕のベース…北山さん
顔を上げられないキーボード…酒井さん。
そしてエルヴィスは黒ぽん。
私には黒ぽんの身体の動かし方がとても微妙なものに見えました(失礼)もみあげ、サングラス、フリンジまでつけてなりきっています。歌い終わった後はサングラスを投げ捨てSparklinに入ります。この時の黒ぽんの笑顔が最高なんだそうです(by安岡氏)
楽屋でも既にエルヴィスになりきっていた黒ぽんは、トイレに行くときも黒(エルヴィス)「エルヴィス、トイレ行ってきます」となりきっていたらしい。実はサングラスを投げ捨てた時に思いっきりフリンジが目に当たったらしいです(これは本人談)このインパクトは相当のもので、テレビや本でエルヴィスの名前を聞くたびにこればっかり思い出してました(汗)

また機会があったらゴスペラーズバンドをやりたいという話になって、誰かがガクトをやろうといい始めます。
黒ぽんがマネして「Another World」(多分)を歌ってました。ガクトをやるならカラコンをして、竹馬に乗って身長を伸ばしてやって欲しいとてっちゃんが言ってました。
黒:体重は俺と同じくらいだけど身長が…。体脂肪率も6%ぐらいなんでしょ?
酒(多分):だったら上から吊り上げてもらえばいい
黒:そんなつりあげられて歌ったことないよ

○アカペラ学園友情科
今やっているアカペラの舞台の前身みたいなものでしょうか。
どうやら設定は
アメリカからの帰国子女…安岡さん
クラスメイト…黒ぽん&てっちゃん
クラスで一番の秀才…酒井さん
屋上の常連…北山さん
途中でメンバーの誰かが笑っていたのですが、それは学ランの似合ってなさがおかしかったからだそうです。これは色々な意味で衝撃でした。コメントし難いものがあります。確かこれもファンの集いでやったとか言っていたかな?

ここでゴスペラーズアーカイブは終了。

8.こういう曲調好き
アルバムもだけど、シングルも…という話になってカップリングの1曲目で「こういう曲調好き」へ。シングル発売日前日ということで、シングルを持っていた人もいました。

9.UPPER CUTS9502
これがウワサのメドレー曲ですねー。カッコよかったです。「夜をぶっとばせ」の時に北山さんが私が立っていたほぼ真正面に来ました。

10.Gospellers' Theme
すいません特に覚えていません。今回は振り付けはなしでした(笑)

11.終わらない世界
これも大好きな曲です。あの「Fly to sky〜」の振り付けをやるのが夢でした。できて嬉しかったー!!みんなやっていたのもよかったですねー。この曲の前だったような気がするんですが、酒井さん、安岡さん、黒ぽんの3人はHBBをやってました。下手側で3人でかたまってやってました。

12.真っ赤な太陽(なりきり)
おーーー真っ赤な太陽ですよ。ミュージックカクテルを見てから自分の中でブームになってたし、この曲でなりきりをやるのは憧れでもありました。まずは全員で同じパート、2番目のパートは上手側。ちょうど私のいたあたりが境で、私は2番目のパートにまぎれました。そして下手側が3番目のパート。真ん中のパートはもう1つパートが与えられて
村:歌には自身がないけれど、黒沢さんみたいになりたい人。黒沢についてきてください
このパートは先日のミュージックカクテルで黒ぽんが歌っていたパートです。

 

なりきりが終わった後、ここでメンバーからのあいさつ。おもむろに北山さん以外の4人が下がってしまったので、北山さんからでした。あいさつの前に「北山さーん」「陽ちゃん」など色々と声がかかります。
北:今、95%ぐらいが「陽ちゃん」でした。前も後ろも左も右もゴスマニアだといことの異常さに終わってから気がつくとおもいます」(要約)
実は最初のときに「ゴスマニア」を噛んでしまった北山さん。
酒:ボスニアヘルチェゴビナ!?
とツッコまれてました。
次は安岡さんだったのですが、内容を忘れてしまいました(すいません)次は黒ぽん。「すげーすげー」と言いながら前に出てきます。最初はしゃべろうとしたのにタイミングがつかめなくて、安岡さんの最後の言葉からやりなおしてました。
で、この「すげーすげー」は黒ぽんがよく行くカレー屋の女の子の口ぐせだそうです。これには仕草がついていて、掌を横にして顔の横まであげて動かすような動作です(うまくいえない)ちなみに私の連れの方はこの「すげーすげー」でからくりのボビーを思い出したそうです。
最後に
黒:文系のみんながんばれー
と言っていたような気がしたんですけども、私の記憶違いかも。私も文系なんで返事した記憶があるんですがー。
酒井さんは声かけはタイミングが合えばいいんだということで、
酒:今から花火があがりますから、みなさん「たまやー」って言ってくださいね
観客:たまや〜
本当にやりました(笑)もちろん花火は酒井さんで。
てっちゃんのあいさつも記憶が飛びました。ただ、
村:今日のことは忘れない
と言ってました。もちろん、仙台と札幌を間違ったことについてですが。というか5人ともあいさつをほとんど覚えてませんでした…。

13.星屑の街
これも生で聞くとまたいちだんと良いです。
最後で天井のミラーボールが綺麗だったので、ついそっちを見てしまいました。

星屑の街が終わった時点で既に9時半を過ぎてました。確か終了予定は時9時20分だったような気が。終電のことが急に気になって、アンコールどれくらいやるんだろう。いさとなったら曲の途中で出て行かなくちゃ…と思ってました。

アンコール
5人が再びステージに登場します。なぜだかラジオの話になって
村:真夜コー聞いてる?
と聞くと観客から「聞いてるー」の声が。他にも「漢汁!」「グッズありがと!」の歓声が上がってました。
ついでfeel'n soulの話になり、
黒:だいぶ人の話を切って、次に進められるようになりました
村:ハガキ送ってあげてね
黒:いやハガキは来てるんだよ

1.Tigar Rag
これはEZ!TVで歌っていたあの曲ですね。曲に入る前に楽しい曲なんだけど、手拍子はしないでと言っていた意味が分かりました。確かにリズムがとりにくい曲です。でも、こういう曲好きです。

 

どこで話したかは忘れてしまったのですがMCネタ色々。
・声かけの話
観客の誰かが「素敵!!」と言おうとして裏返ってしまったことから「そういう声かけって勇気いるの?」という話になります。かつて、てっちゃんは早稲田のミスコンとかでやじを飛ばす常連だったそうです。
村:あれって言う前はすごくドキドキするの
安:1人対大勢だからね

・再び間違えたてっちゃん
オープニングでZepp Sapporoと言ってしまったてっちゃん。
MC中に再び「Zepp Sapporo」と言ってしまいます。もちろん観客からは「えーーーー」と。サングラスをとって、真ん中、下手側、上手側、2階に向かってあやまってました。そこからはずっとサングラスオフでした。

・黒ぽんの小泉首相
かつてCDTVで披露された黒ぽんの小泉首相のものまねを見ることができました!どういう前ふりがあったか忘れてしまったのですが、あんな感じでやってました。

・「星屑の街」を買ってお願いダン
元ネタはケイコリーさんのバックバンドの方が、ケイコリーさんに「ギャラを下さい」と踊るダンスのことらしいです。手を合わせてくねくねする・・・ような動きです。言葉では伝わりにくいかもしれません(汗)最初は酒井さんがやっていたのですが
村:最後には俺もやるから
との言葉の通り、てっちゃんも最後の方でやってくれました。

 

・集いの話
集いは海外と国内のツアーを交互にやっているそうです。これまでで海外で行ったところは、おセブ、おバリ、おサイパン(何故か「お」つき)だそうです。次はどこだろうねーとも言ってました。(海外かー来年の集いは無理かな〜)集いは新曲を一番最初に披露したるする場でもあるそうです。2000年の集いでは「永遠に」「夏風」を歌って、なんとなく「夏風」の方が評判がよかったそうです。
村:それで「永遠に」であんなことになるなんて
1番最初の集いの企画のことも話していました。
安岡さんと北山さんが司会進行で。てっちゃんは人生相談(みたいなこと)、黒ぽんは黒沢食堂、酒井さんは絵を描いていたりということをやっていたそうです。
「それに来てた人」と聞いたら4、5人ぐらいいました。私の近くにも1人いらっしゃいました。

・星屑の街のオケバージョン
多分、星屑の街を歌う前に話していたと思うんですが、記憶が怪しいのでここに書きます。
村:みんなドラマ見てるんでしょ?
観客:見てるー
と、ここで安岡さんがドラマ中の「星屑の街」のトランペットパートを歌います。
それに対しててっちゃんが
村:安岡、ありがとう
と言っていた気が(怪しい記憶)

とりあえず読みにくくて、長くてすみません。一言で言うなら本当に「濃い」公演でした。私にとっては初めてのファンクラブツアーでしたが、ファンクラブの人達だけだからこその内容であったと思いました。GTツアーとはまた違う楽しみがありました。1曲終わるごとにMCが入るので、どこでどの内容を話したのかはかなり間違いがあるかと思います。アカペラライブということでどうなるかなーと思っていたら、いい意味で裏切ってくれました。熱いアカペラをたくさん聞くことができました。アカペラ港を一般で狙ってみようかなと思いました(無謀)やっぱりゴスは生に限ります!