すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

夏の歌番組感想

毎年恒例になってきました夏の歌番組シーズン。とりあえず夏の4番組について。

 

6月28日 テレ東音楽祭2017

すっかり定着した感のあるテレ東音楽祭です。何故か吊られる太一くんでスタート。オープニングはジャニーズWESTA.B.C-Zのワンカメショーでジャニーズメドレー。今年も河合くんがたっくんパートを担当していることを嬉しく思います。ナナナを握ったまま歌い踊る河合くんがかわいい。河合くんが提げていたバックはなんだろう?中丸くんもといマッサージ探偵ジョーさんが来てくれたの嬉しかったけど、ちゃんと「お疲れサンクス」歌って欲しかったー。せっかくテレ東なんだし。でもバックのJUMPがかわいかったからこれはこれでOKです。JUMPの「Precious Girl」はこれが初披露だったかな。めまぐるしいフォーメーション移動が楽しい。

つよしくんの突発性難聴はここで発表されたんでしたね。とはいえ長瀬&光一の「全部抱きしめて」は貴重であった。関ジャニとV6は事前収録(舞台かぶってましたもんね)V6がGINZA SIXで歌うのがおもしろいと思ったけど、歌はあたりまえにかっこよかった。さすがです。乃木坂46とヒム子のコラボも強烈。曲の途中からしれっと入っていてすごかった。歌番組に出るとつい見てしまうのがTRF。メドレーの曲は全部歌える。えびコンを経た今ではDJ KOOさんがEDM彼氏のとっつーに見えてしまう。NEWSも毎年ワンカメやってるよね。TOKIOがトリなのはこの番組ならでは。「LOVE YOU ONLY」は山口くんのボーカルが聞けるのがいいよねと思う。あとマボが「二軒目どうする」の番宣がんばってました。

毎年思うけどテレ東の秘蔵映像は他局とレベルが違う。

 

7月1日 THE MUSIC DAY

第1部には米米CLUB。ちゃんとフッシーもいたよ。あとはマーチンさんと倉木麻衣さんを残しました。今年のコナンの映画はよかった。

第2部からおまちかねのジャニーズダイム。わかっていたけど風磨くんの髪がピンクでした。どうした?そしてA.B.C-ZTHE MUSIC DAYに初出演。ほんと嬉しかったです。「Reboot!!!」のはしとつの歌のテンションがだいぶ高かった。先にけしかけたのはとっつーぽかったけど。濱ちゃんの肩パットは6枚だそうです。今年は岡田くんがいなかったので、翔くんのお尻は無事だと思っていたのですが、岡田くんではなく宮田くんに狙われていました。JUMPはメドレー。「Ride With Me」が入っていて嬉しかった。テレ東音楽会に続きつよしくんが参加できないということで「愛されるよりも愛したい」を光一くんと相葉ちゃんとまつじゅんで。こういうコラボはジャニーズならではだよなあ。

ジャニーズシャッフルメドレー

今年の曲目と組み合わせはこちら

■weeeek/NEWS

松本潤、髙木雄也、玉森裕太桐山照史中間淳太

■硝子の少年/KinKi Kids

山口達也錦戸亮、伊野尾慧、二階堂高嗣佐藤勝利戸塚祥太

■Real Face/KAT-TUN

山下智久大倉忠義、有岡大貴、北山宏光マリウス葉、橋本良亮、神山智洋

無責任ヒーロー関ジャニ∞

城島茂加藤シゲアキ、山田涼介、横尾渉菊池風磨、五関晃一、重岡大毅

■感謝カンゲキ雨嵐/嵐

国分太一堂本光一、増田貴久、横山裕八乙女光、千賀健永

■Ultra Music Power/Hey!Say!JUMP

相葉雅紀丸山隆平藤ヶ谷太輔松島聡河合郁人藤井流星

■Venus/タッキー&翼

長瀬智也二宮和也安田章大、薮宏太、塚田僚一

■WAになっておどろう/V6

松岡昌宏渋谷すばる岡本圭人、知念侑李、中島健人小瀧望

■オリジナルスマイル/SMAP

大野智手越祐也村上信五、中島裕翔、宮田俊哉、濱田崇裕

■花唄/TOKIO

櫻井翔亀梨和也小山慶一郎

・weeeekはごくせん選抜?

・リアフェの舌打ちは山P。はっしーとマリちゃんの並びがよかった

無責任ヒーローはシゲ選抜?五関様おいしい

・UMPの風を切れは丸ちゃん

・オリジナルスマイルも入れてくれてありがとう

このシャッフルメドレーの組み合わせも毎年よくわからない。今年は24時間テレビしばりで最後が今年のパーソナリティ3名というのはわかるんだけど。なかなか憧れの人とは組めないんだなと思いました。それはカウコンでやるよってことなのかも。

 

 

7月15日 音楽の日

今年はこの番組が動きましたね。V6とTOKIOとJUMPが出てくれるとはね。

マーチンさん、リトグリちゃん、三浦大知くん、川畑要さん、もはやソルパワの身内感覚です。マーチンさんとのコラボが大知くんと川畑さんてなかなか見られない。ゴスペラーズがいればやっていそうなところ。TOKIOとV6は事前収録でした。うむ。V6の新曲かっこいい!

第2部はジャニーズWESTA.B.C-Zのみ。よく考えたら音楽の日の前にデストラップ2公演しているはっしーのスケジュールがおかしい。濱ちゃんのサングラス壊れた事件は何回見ても笑ってしまう。でもこのカラースーツと名前入りサングラスで7人の顔と名前が一致するようになりました。A.B.C-Zは毎年恒例(らしい)のワンカメショー。ふぉ~ゆ~の松崎氏が小ネタをしこんでいた。塚ちゃん:ヘアメイク、とっつー:スタイリスト、五関様:振付師、河合くん:付き人、はっしー:マネージャーでしたが、五関様どう見てもダンシング五関先生。途中ではっしーが背中を向けたときに気づいたけど、後ろにスナップついてて早替え用の衣裳なんですね。なるほど。なんで早替えて見ているだけであんなに楽しいんだろう。

中居くんはJUMPのことあまり知らないのかな。今まであまり絡みがなかったからしかたないけど、キスマイとの温度差にちょっと悲しくなりました。V6とTOKIOと中居くんの絡みは見たいと思っていたけど、JUMPのあれ見ていたらJUMPも事前収録でよかったかもって思っちゃいました。

 

8月2日 FNSうたの夏まつりアニバーサリースペシャ

ジャニーズからは5周年のA.B.C-Zと10周年のHey!Say!JUMPと15周年のタッキー&翼。はっしー音楽の日のときより痩せてない?元気そうだしニコニコしていたから大丈夫だとは思うけど。この日だってデストラップ地方公演の合間だし。Summer上々の振り付けかわいい。この曲だんだん河合くんの合いの手がないと物足りなくなってきている。たきつばは久しぶりに二人で嬉しかったー。もちろんテレビの前で踊る。この頃にはもう活動休止の話もしていたのかもね。JUMPはデビュー当時の映像のプロジェクションマッピングがよかった。デビュー当時はまだ子供(特にセブン)ですよね。10年の成長がすごいね。JUMPの合間にブレーカーズをはさんだのは衣裳替えのため?

 あとの方は大物が多すぎてどうしていいかわかりませんでした。

 

歌番組が大好きなので、歌った曲の一覧を作っておきたいと思うときがあるのですが、どうまとめていいかわからないので挫折してしまう。次の目標はMステウルトラフェスの編集とハロウィン音楽祭です。ハロウィン音楽祭はミッチー待ってます!去年いちばんノリノリで仮装していたのミッチーだと思うし。今年のワンマンのオープニングの衣裳でsure danseやって欲しい(既に持ち歌はあきらめてる)

2017年9月8日

早いもので2017年9月8日です。

2016年1月13日の最初の報道から約1年8ヶ月が過ぎました。2016年はデビュー25周年の年だし、きっと記念コンサートもあるだろうから今年こそコンサートに行ってみたいと思っていた矢先の解散騒動の勃発でした。最初の報道があったときは週刊誌レベルの話でしょと思っていたのですが、1/18の生放送を見てただごとではないと感じました。夏になり音楽の日SMAPが出ないこと知って、よくない方向に話が進んでいるのでは?と感じたことを覚えています。これまでだって多くの危機を乗り越えてきてくれたのだから、どこかで立て直してくれると思っていたけれど、最終的に解散。そしてこのような結末になったことがさみしいです。SMAPが分裂したこと、吾郎ちゃん事務所を辞めてしまうこと、それにともなって後輩との共演がしばらく難しいと思われること、全てをさみしいと思っているんだろうと思います。

俗に言う派閥問題も解消に向かっていましたからね。もっと後輩たちとの共演が見たかったです。たっくんがあさイチに出られたのはうらやましかった。でも事務所を退所することでできることもあるんじゃないかなと思うんです。SNSやWeb上の写真だって解禁されるし、ラジオもタイムフリー対応になるかもしれないじゃないですか。あと残留組のファンクラブもそろそろ作ってくれるかな。正直ファンクラブは退所組の動向が決まるまでは難しいと思っていたから、ここも進むといいなと思います。ジャニーズウェブも連載始まったらいいな。

 

思い返せばネットで文章を書くきっかけとなったのはSMAPでした。ネットでスマスマの感想を書いているファンの方が楽しそうで、吾郎ちゃんのファンになって自分でも書いてみたいと思ったから始めました。ツールは変わってきましたが、やっていることは変わっていません。旧ブログの文章は終わってしまった番組のこともたくさん書いてありますし、時代は変わっているのだと思います。時代が変わってもSMAPが解散するとは思ってもいなかったし、この先もSMAPを追い続けられると思っていました。でもそれが5人の選んだ道ならば、それを受け入れるしかないと今は考えています。まだまだ週刊誌も騒がしいと思いますが、これからの行動が全てかなと思っています。今後の5人が進む道に何が待っているかわかりません。5人が選んだ道をこれからも見続けていきたいと思います。どうか吾郎ちゃんが大好きな舞台にまた立てる日が来ますように。

 

おまけといいますか。

吾郎ちゃんの退所が決まり、なんとか退所日までに稲垣吾郎舞台の感想ブログをまとめたいと思っていたので書きました。当時のメモ書きを整理したものですがよろしければ。

2003年 

wonderfuldays.hatenablog.jp

2006年

 

wonderfuldays.hatenablog.jp

 

2007年

 

wonderfuldays.hatenablog.jp

 

2010年

wonderfuldays.hatenablog.jp

 

2011年

 wonderfuldays.hatenablog.jp

wonderfuldays.hatenablog.jp

2012年
wonderfuldays.hatenablog.jp

2013年

 

wonderfuldays.hatenablog.jp

2014年

 

wonderfuldays.hatenablog.jp

2015年

 

wonderfuldays.hatenablog.jp

2016年

wonderfuldays.hatenablog.jp

Hey!Say!JUMP楽曲大賞2007-2017

主催サイト様はこちら

JUMPの曲を聴くようになってまだ3年ぐらいですが、楽曲大賞は参加したいなということで投票しました。本当はコメントまでちゃんと書きたかったのですが、投票時はコメントまで手が回りませんでした。あと7楽曲やBEST楽曲、ソロユニットはわからない曲も多く、現場も不参加なので楽曲部門のみの投票になってます。

 

<楽曲部門>

第1位:ウィークエンダー(2014.9.3発売シングル)

2014年のジャニーズ楽曲大賞にてぶっちぎりの第1位を獲得した曲。土曜の夜はハイビート胸騒ぎでおなじみです。初代からの金田一少年の事件簿ファンとしてはやはりこの曲ははずせません。金田一主題歌として大好きな「Kissからはじまるミステリー」と同じ匂いを感じたのです。獄門塾殺人事件も連ドラは楽しかったし、年末の歌番組でウィークエンダー熱が再燃し、年明けから少しずつJUMPを見るようになりました。今でも歌番組で歌われる機会も多いし、JUMPの代表曲の1つと思っています。

 

第2位:Ride With Me(2013.12.25発売シングル)

こちらも金田一少年の事件簿主題歌から。でも獄門塾殺人事件の主題歌だったことはあとになって知りました。発売がイントロの音がとても金田一少年ぽいと思っているのですが。伝わるかな。曲中にずっと流れている不穏な感じの低い音にひかれる。あと山田くんのソロがいいよね。通常バージョンのダンスもかっこいいですが、2016バージョンのアレンジとダンスがかっこよくて大好きです。あのバイオリン弾いているような振り付けが大好きです。2016年のMステウルトラフェスの録画は何回リピったかわかりません。

 

第3位:We are 男の子(2016.5.11発売 真剣SUNSHINEカップリング)

JUMPといえばカワイイ曲もはずせません。カワイイ曲から1曲選ぶならといことでこれ。合間のコールもかわいいし、叫びたい。シチュエーションが想像できちゃうところがまたかわいい。

 

第4位:Viva!9's SOUL(2015.6.24発売 JUMping CAR収録)

自己紹介ソング大事!というわけで選びました。この曲のおかげで9人の声の特徴が少しずつつかめてきたように思います。大ちゃんパートは今後作られることがあるんだろうか。

 

第5位:愛よ、僕を導いてゆけ(2015.6.24発売 JUMping CAR収録)

1位~4位まではわりとすんなり決まったのですが、あと1曲どうしようかと迷って、この曲にしました。実際のパフォーマンスは見たことないのですが、単純に楽曲として好きなので選びました。この曲は不思議なものでJUMping CARが出たころからずっと好きなんですよね。2015年の楽曲大賞も投票してますし。

 

<担当アンケート>

稲垣吾郎

もちろんここは吾郎ちゃんに投票しました。年末の楽曲大賞は投票できなくなってしまうので最後だなと思いながら選びました。

 

改めて思うのがJUMPとの出会いは金田一少年の事件簿の存在が大きいということ。そもそもジャニーズとの出会いも初代の金田一少年の事件簿でしたし。山田くんと大ちゃんの年齢や高遠さんの中の人のこともあるのドラマの続編は難しいと思われるのがさみしいところです(このキャストで黒魔術殺人事件やって欲しかった)

もちろんベストアルバムも購入しまして聴いています。あまり初期の曲を知らなかったので新鮮に聴いています。率直に言って10代のグループが歌うにはシブイ曲が多いなと思ってます。今の声で聞いたらまた印象も変わるんだろうなと思いました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O (通常盤 2CD) [ Hey! Say! JUMP ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2017/8/27時点)


 

いつもお忙しい中楽曲大賞を開催していただきありがとうございます。年末の楽曲大賞も楽しみにしています!