読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

第67回紅白歌合戦&ジャニーズカウントダウン2016-2017

音楽番組

もうすぐ春だというのに紅白とカウコンの話題です。よくも悪くも年明けにここまで話題になった紅白歌合戦はしばらくなかったと思うので、いまさら書くまでもないかと思うのですが、そこは音楽番組ファンとして記録しておかなければということで書いています。

 

今回の紅白はSMAPが出るか出ないかで振りまわされた部分もあったのかなと思いました。11月の出場者歌手発表の時点ではこれからも交渉していきたいという発言をしていたし、12月に入ってからSMAPが紅白に出るかもという報道が週刊誌レベルとはいえ出てたし。NHKサイドがどの時点までSMAPに出てもらえると思っていたのかな?というのは引っかかっています。少なからずSMAP最終ステージを考えていた部分もあったんじゃないかな。最終的に事務所から発表があったのも12月半ば過ぎだったので、ギリギリまで交渉していた可能性はありますよね。個人的にはここまで歌番組に出ていないし、最後は紅白ではなくスマスマでと思っていたので正式発表があったときは正直ほっとしました。真相についてはわかりませんけど、そういう可能性はあったかもしれないという話です。 

そこそこ紅白歌合戦を見てきていると思いますが、今回の紅白は「ん?」と思う部分が多かったと思います。それで前回よりわずかに視聴率はよかったそうですが。

まず審査員席は下手側花道にしたこと。オープニングでそこにいちばんびっくりしたんです。花道からステージ見にくいし、審査員がいちばん見やすいとこで見ないでどうするの?と思いました。でも年明けに昇太師匠がラジオで紅白の話をしていて気づいたんですが、今回は2階にもステージが組まれていてそれと正面ステージを見るために花道に審査員席を設置する必要があったんですよね。例年のように審査員席を客席に作ると2階の後が背後になってしまいますもんね。だけど審査員もずっと客席から見られていて落ち着かないだろうし、ステージ見るのに首が痛くなると昇太師匠も言っていたし再考の余地はあると思います。あと「おんな城主直虎」の話が全く出なかったのも変な感じで。例年であれば翌年の大河主演が審査員だと思うんですけど(慎吾や福山さんのように歌手として出場する場合もあるけど)なんで今回コウちゃんいなかったの。昇太師匠は笑点の司会枠と直虎枠を兼ねてると思ったけど、そのわりにはちょっとしか話をさせてもらえなかったし。例年なら翌年の大河の話題を出してくれるよね?コウちゃんが出ないから話が少なかったのか、そもそも翌年大河にあてる時間がなかったからコウちゃん出なかったのかわかりませんが。

それからジャニーズについては選曲に疑問が。今回も6組の出演でしたが、2016年に発売した曲を歌ったのセクゾだけなんですよね。「よびすて'16」となってましたが、いつものよびすてでしたし。キンキは初出場を考慮しての「硝子の少年」だとしても、V6は「Beautiful World」入れてもよかったと思うし、関ジャニもオープニングで「NOROSHI」もアリだった思うし、嵐のメドレーもいちばん最近の曲の「One Love」だって2008年の曲だからね。ひょっとすると紅白のジャニーズに求められているものって今年のヒット曲という立場ではないのかもしれないなと思いました。司会の相葉ちゃんですが、今回の白組司会は想定していなかったです。白組司会てしばらくジャニーズの独占状態ですよね。嵐で5年やって、いのっちを挟んでそこで相葉ちゃんがくるとはあまり考えられない。ジャニーズはカウコンがあって、紅白司会がいるグループがカウコンに出られない問題はどうしたって出てくる。もしかしたら、司会にすれば最後までNHKホールにいてもらえるというNHK側の思惑もあるのかもしれない。ただそこもカウコンの倍率の問題が出てくるし難しい問題なのだと思いました。2016年は京セラ単独カウントダウンがなかったけど、あれはやれてもキンキだけだし、そのキンキが紅白なら京セラはどのグループもできないよねと考えていました。ジャニーズの年末年始は今年も目が離せそうにないです。

演出面でゴジラタモリ&マツコの件もいろいろ言われてましたが、けん玉だけしにきたハリセンはるかやDJKOOさん、一瞬だけの平野ノラさんとか昔よくやっていた演出が多めだったなという印象は受けました。あと真田丸ファンとしては、あの中途半端な真田丸の扱いを許す気にはなれない。草刈さんのコメントがあったものの、そもそも真田丸と何の関係もない曲と結びつけたのかという。そうなると真田丸ファンの一部がカウコンに流れた気持ちもわかる気がする。

紅白感想メモ

・ヒナちゃん大谷くんの膝に座る

・どつよさん会見時の欅坂との衣裳かぶり問題をここでも披露する

・セクゾの曲紹介になんで岡田くんがいないんですか「セクシーなゾーンを見つけちゃうぞ」を待っていたんですけど!

・歌っている坂本くんにカンチョーしないでください!

・あっちゃんの衣裳がとてもよかったです。RADIO FISHは正しい紅白の企画モノ枠だったと思います

・キンキの衣裳がすばらしかったです

・ガッキーが恋ダンス少しやってくれた。秀忠様じゃなかった源ちゃん楽しそうでよかった

・都庁のプロジェクションマッピングすごかった

・氷川くんの「白雲の城」さすがでした

・年明けのVS嵐でもつっこまれていたけど、相葉ちゃん泣くのちょっと早いよー。すれ違ったときにニノが笑った気がする。嵐のメンバーが横にくると表情がほっとするの相葉ちゃんらしかったな

すみません。気がついたら編集してショータイムが消えてました…。

 

 

嵐の大トリを見届けたのち、カウントダウンの瞬間は例年通りジルベスターコンサートへ(今回はダッタン人の踊り)当日は年明けからカウコンへ合流しました。

○カウントダウン前

・司会はTOKIO。兄貴感すごいわ。紅白が中継だったから都庁から東京ドームへ直行だったんですね

・NEWSのモコモコ衣裳好き

・けいとりんが髪を束ねて勝永様仕様

・光くんがメガネ!いい!

・えびの衣裳が遠くから見ると戦隊モノみたい

・くじゃく(?)の羽が邪魔そうなふみきゅんかわいい

・たきつばひさしぶりー。今年は二人でも活動してー

・マリちゃんカウコン出られるまであと2年か~

・V6の衣裳は紅白と同じものかな?

・カウントダウン後にNHKから中継出演の嵐。すごい

光ちゃん誕生日おめでとーby長瀬くん

○ジャニーズシャッフルメドレー

勇気100%にアツヒロくん。リーダーとの共演は胸熱。まさかオリスマ歌ってくれるとは思わなかった。ありがとう。心なしか歓声も大きかった気がするし、サビのワイパーもやってるファンが多くて嬉しかった。

そして年男ユニットの「TIME ZONE」ありがとうございます。例年なら年男ユニット歌なしで袴だけだったと思うんだけど、どうだったっけ?とさかのカチューシャかわいい。岡本親子の共演!!けいとりん嬉しそうだった。酉年多いんだね。1969年生まれがオカケンさんで、1981年生まれはすば、ヨコ、翼の3人ね。そうすると1993年生まれは7人か(BESTとはっしーと神山くんと流星くん)余談ですが、真田丸ファンでカウコンで勝永様が見られると楽しみにしていた方も多かったみたいですよ。ヒガシ&トニセンの「仮面舞踏会」は年明けのCoversを見ていると感慨深いものがある。4人で台宙すごい。カッコよすぎてズルイわー。そしてもちろんアンダルシアもありで。ダンサー誰がいたか探しきれなかった。塚ちゃんいたよね?あと五関様もいたような気がするけどはっきりしない。

○グループチェンジメドレー

関ジャニのよたよたローラースケートに笑ってしまった。あの衣裳すごいと思ったら、実際のキスマイもあんな感じの衣裳だったらしい。てごさんハロウィン音楽祭に続いてのカラコン。このぶれなさはすごい。えびがV6の曲を歌うのは首を振るしかない。そしてまさかの嵐到着!ジャンパーの背中に相葉ちゃんの写真て、さすがだよ嵐。

 

中継が終わったあとにSMAPに向けての拍手もあったようで(年明けのワイドショーで見ました)ありがとうございます。そのあとの小ネタ披露会もおもしろかったです。髙木くん金八先生のモノマネ上手だね。

 

これで2016年の歌番組の記事はすべて終了しました。3/22のFNSうたの春まつりは卒業式のサプライズ企画がメインだと思うでのブログは書かないと思います。次は6月のテレ東音楽祭かな。中丸くんにソロでマッサージ探偵ジョーの主題歌を歌って欲しい。

ジャニーズ楽曲大賞2016

ジャニーズ

毎年恒例になってきましたジャニーズ楽曲大賞。今回ももちろん投票しました。

主催サイト様はこちら→ジャニーズ楽曲大賞2016

コメントは投票したものとは若干異なります。

楽曲部門

第1位:Fly a Flag(A.B.C-Z)

ハロウィン音楽祭で歌っていたのがかっこよくて印象に残りました。それより前にアルバムは聞いていたのですが、そのときはまだこの曲の良さに気付けませんでした。番組で踊っているのを聞いて一気に大好きな曲になりました。ハロウィン音楽祭のときは忍者だったので、ライブでのパフォーマンスが見てみたいです。

 

第2位:NOROSHI(関ジャニ∞

ベストアーティストで見て好きになりました。まずは衣裳から入り、そのパフォーマンスにも心打たれました。イントロのベースがかっこいいし、バンドの音も好み。年末はこの曲の歌詞がしみました。この曲で紅白オープニングでもよかったのになと思いました。

 

第3位:UNLOCK(KAT-TUN)

ドラマ「怪盗山猫」が大好きで、その主題歌だったので。私にとってKAT-TUNはこういうかっこいい曲を歌うグループでした。なんとなく聞かないでいたKAT-TUN楽曲を聞こうというきっかけになった曲でした。またKAT-TUNの歌声が聞ける日を待っています。

 

第4位:復活LOVE(嵐)

山下達郎さん、竹内まりやさんからの曲提供ということで身構えてしまいましたが、実際に聴いてみたら思っていた以上に嵐にハマっていて好きな曲になりました。あとはミッチーも気に入っている相葉ちゃんの「おかえり」も忘れてませんよ。

 

第5位:Fantastic Time(Hey!Say!JUMP)

めまぐるしく変わるフォーメーションとそろったダンス、それと楽曲がぴったりハマった曲だと思います。こういうJUMPのダンスが見たかった。

 

<未音源化部門>

なし

 

<現場部門>

○恋と音楽FINAL~時間劇場の奇跡~

現場はいつも外部舞台ばかりです。今回の現場は恋音とヘンリー四世でしたが恋音を選びました。SMAP解散報道で落ち込み不安を抱えていた頃の舞台でした。そんな心配をよそに渋谷ではいつも通りの楽しいステージが待っていました。つらい時期だっただけにこの舞台に救われました。また舞台で吾郎ちゃんに会える日がくることを願っています。

 

<MV部門>

○GREATEST JOURNEY(KAT-TUN)

2015年の夏とつぜんタメ旅にハマりました。それをきっかけにしてKAT-TUNに興味を持つようになりました。あの黄色のつなぎ、天の声さんとともにタメ旅愛に満ちたMVを届けてくれたことを感謝します。サビのダンスがかわいくて好き。一緒に踊りたい。

 

<ベストバイ部門>

SMAP 25 YEARS(SMAP

結果的に解散ベストというかたちにはなってしまいましたが、SMAPの25年を振り返ることができるアルバムだと思います。このアルバムを聞いて、1曲でも気に入った曲がありましたらぜひ過去のオリジナルアルバムも聞いてみて欲しいです。モダスマツアーで使われた「チョモランマの唄」も音源化されています。「世界に一つだけの花」と「夜空ノムコウ」だけがSMAPじゃない!

 

<自担部門>

稲垣吾郎

8年連続吾郎ちゃんです。

 

激動の2016年でしたが、こんな投票結果になりました。毎年企画してくださる主催者様に感謝です。今回からツイッター連携までできるようになってます。歌番組で他の後輩達の音楽も聞いているので、楽曲大賞は1年のジャニーズ楽曲の総括ということで毎年参加しています。結果発表が楽しみです(来年以降の自担部門はどうなるんだろうな…。気がかりはそこです)

ブログ一本化しました

雑記

あけましておめでとうございます。

2017年になり、やっとこちらのブログを正式稼働できるようになりました。

 

もともとは舞台や映画の感想専用ブログにする予定で少しずつ書いていましたが、旧ブログのテキストを整理したところかなりの量になってしまい、このまま書き続けると管理しきれなくなると判断し、今後はこちらのブログと一本化することにしました。これまでのペースを考えると頻繁に更新するとは思えないのですが、やはりある程度の長文を書く場所は欲しいと思いまして。まだアップしていない舞台やコンサートのレポートというか感想分もあるので、整理してこちらにアップできればと思っています。

 

いろいろありすぎた2016年でしたが、今年こそは平穏に好きなことを楽しめる1年になればいいなと思っています。まずは紅白とカウコンの感想とジャニーズ楽曲大賞2016の投票のことを書こうと思います。

 

お気に召しましたら、今後ともよろしくお願いいたします。