すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

2017年9月8日

早いもので2017年9月8日です。

2016年1月13日の最初の報道から約1年8ヶ月が過ぎました。2016年はデビュー25周年の年だし、きっと記念コンサートもあるだろうから今年こそコンサートに行ってみたいと思っていた矢先の解散騒動の勃発でした。最初の報道があったときは週刊誌レベルの話でしょと思っていたのですが、1/18の生放送を見てただごとではないと感じました。夏になり音楽の日SMAPが出ないこと知って、よくない方向に話が進んでいるのでは?と感じたことを覚えています。これまでだって多くの危機を乗り越えてきてくれたのだから、どこかで立て直してくれると思っていたけれど、最終的に解散。そしてこのような結末になったことがさみしいです。SMAPが分裂したこと、吾郎ちゃん事務所を辞めてしまうこと、それにともなって後輩との共演がしばらく難しいと思われること、全てをさみしいと思っているんだろうと思います。

俗に言う派閥問題も解消に向かっていましたからね。もっと後輩たちとの共演が見たかったです。たっくんがあさイチに出られたのはうらやましかった。でも事務所を退所することでできることもあるんじゃないかなと思うんです。SNSやWeb上の写真だって解禁されるし、ラジオもタイムフリー対応になるかもしれないじゃないですか。あと残留組のファンクラブもそろそろ作ってくれるかな。正直ファンクラブは退所組の動向が決まるまでは難しいと思っていたから、ここも進むといいなと思います。ジャニーズウェブも連載始まったらいいな。

 

思い返せばネットで文章を書くきっかけとなったのはSMAPでした。ネットでスマスマの感想を書いているファンの方が楽しそうで、吾郎ちゃんのファンになって自分でも書いてみたいと思ったから始めました。ツールは変わってきましたが、やっていることは変わっていません。旧ブログの文章は終わってしまった番組のこともたくさん書いてありますし、時代は変わっているのだと思います。時代が変わってもSMAPが解散するとは思ってもいなかったし、この先もSMAPを追い続けられると思っていました。でもそれが5人の選んだ道ならば、それを受け入れるしかないと今は考えています。まだまだ週刊誌も騒がしいと思いますが、これからの行動が全てかなと思っています。今後の5人が進む道に何が待っているかわかりません。5人が選んだ道をこれからも見続けていきたいと思います。どうか吾郎ちゃんが大好きな舞台にまた立てる日が来ますように。

 

おまけといいますか。

吾郎ちゃんの退所が決まり、なんとか退所日までに稲垣吾郎舞台の感想ブログをまとめたいと思っていたので書きました。当時のメモ書きを整理したものですがよろしければ。

2003年 

wonderfuldays.hatenablog.jp

2006年

 

wonderfuldays.hatenablog.jp

 

2007年

 

wonderfuldays.hatenablog.jp

 

2010年

wonderfuldays.hatenablog.jp

 

2011年

 wonderfuldays.hatenablog.jp

wonderfuldays.hatenablog.jp

2012年
wonderfuldays.hatenablog.jp

2013年

 

wonderfuldays.hatenablog.jp

2014年

 

wonderfuldays.hatenablog.jp

2015年

 

wonderfuldays.hatenablog.jp

2016年

wonderfuldays.hatenablog.jp

Hey!Say!JUMP楽曲大賞2007-2017

主催サイト様はこちら

JUMPの曲を聴くようになってまだ3年ぐらいですが、楽曲大賞は参加したいなということで投票しました。本当はコメントまでちゃんと書きたかったのですが、投票時はコメントまで手が回りませんでした。あと7楽曲やBEST楽曲、ソロユニットはわからない曲も多く、現場も不参加なので楽曲部門のみの投票になってます。

 

<楽曲部門>

第1位:ウィークエンダー(2014.9.3発売シングル)

2014年のジャニーズ楽曲大賞にてぶっちぎりの第1位を獲得した曲。土曜の夜はハイビート胸騒ぎでおなじみです。初代からの金田一少年の事件簿ファンとしてはやはりこの曲ははずせません。金田一主題歌として大好きな「Kissからはじまるミステリー」と同じ匂いを感じたのです。獄門塾殺人事件も連ドラは楽しかったし、年末の歌番組でウィークエンダー熱が再燃し、年明けから少しずつJUMPを見るようになりました。今でも歌番組で歌われる機会も多いし、JUMPの代表曲の1つと思っています。

 

第2位:Ride With Me(2013.12.25発売シングル)

こちらも金田一少年の事件簿主題歌から。でも獄門塾殺人事件の主題歌だったことはあとになって知りました。発売がイントロの音がとても金田一少年ぽいと思っているのですが。伝わるかな。曲中にずっと流れている不穏な感じの低い音にひかれる。あと山田くんのソロがいいよね。通常バージョンのダンスもかっこいいですが、2016バージョンのアレンジとダンスがかっこよくて大好きです。あのバイオリン弾いているような振り付けが大好きです。2016年のMステウルトラフェスの録画は何回リピったかわかりません。

 

第3位:We are 男の子(2016.5.11発売 真剣SUNSHINEカップリング)

JUMPといえばカワイイ曲もはずせません。カワイイ曲から1曲選ぶならといことでこれ。合間のコールもかわいいし、叫びたい。シチュエーションが想像できちゃうところがまたかわいい。

 

第4位:Viva!9's SOUL(2015.6.24発売 JUMping CAR収録)

自己紹介ソング大事!というわけで選びました。この曲のおかげで9人の声の特徴が少しずつつかめてきたように思います。大ちゃんパートは今後作られることがあるんだろうか。

 

第5位:愛よ、僕を導いてゆけ(2015.6.24発売 JUMping CAR収録)

1位~4位まではわりとすんなり決まったのですが、あと1曲どうしようかと迷って、この曲にしました。実際のパフォーマンスは見たことないのですが、単純に楽曲として好きなので選びました。この曲は不思議なものでJUMping CARが出たころからずっと好きなんですよね。2015年の楽曲大賞も投票してますし。

 

<担当アンケート>

稲垣吾郎

もちろんここは吾郎ちゃんに投票しました。年末の楽曲大賞は投票できなくなってしまうので最後だなと思いながら選びました。

 

改めて思うのがJUMPとの出会いは金田一少年の事件簿の存在が大きいということ。そもそもジャニーズとの出会いも初代の金田一少年の事件簿でしたし。山田くんと大ちゃんの年齢や高遠さんの中の人のこともあるのドラマの続編は難しいと思われるのがさみしいところです(このキャストで黒魔術殺人事件やって欲しかった)

もちろんベストアルバムも購入しまして聴いています。あまり初期の曲を知らなかったので新鮮に聴いています。率直に言って10代のグループが歌うにはシブイ曲が多いなと思ってます。今の声で聞いたらまた印象も変わるんだろうなと思いました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O (通常盤 2CD) [ Hey! Say! JUMP ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2017/8/27時点)


 

いつもお忙しい中楽曲大賞を開催していただきありがとうございます。年末の楽曲大賞も楽しみにしています!

近況報告

1月にブログ一本化してから早8ヶ月が過ぎようとしています。レポート以外の記事を久しぶりに書いています。来週の直虎で政次が退場なんて!

 

実は今年に入って既に舞台3本、コンサート3本行っているのですが、レポートアップを千秋楽以降にしようと思っていたのですっかりアップするタイミングを逃していました。それだけではなく何年もメモ書きで止まっていたレポートもあったので、このタイミングですべてアップすることにしました。以前からのレポートはさすがに記憶が残っていないので、当時のメモ書きを清書したレベルではありますが。レポートはある程度は勢いも必要でした。勢いだけで書いてしまったので誤字脱字は見つけしだい修正します…。

 

実は今年の1月にA.B.C-Zのファンクラブに入りました。すでにファンクラブ経由でチケットも取って何回か現場も行っています。以前から戸塚くんが出演する舞台が見たいと思っていました。そんなこともあって1月に「Defiled」の発表があったときに思い切って入会しました。ネットで申込をして、ペイジーで会費を払うとあっというまに会員番号が取れて文明の進化に驚いたものです。振込から1週間ほどで会員証と会報も届きました。チケットの先行は先振込(Defiled、デストラップ、コンサート)と後振込(サマパラ)の両方を経験することができました。ペイジーはかなり楽ですね。ネットバンキングも使えるから家からの振込も可能ですし。あとファミクラから思っていたよりメールがくることにも驚きました。番組出演情報とか。ジャニーズWebのメールとはまた意味あいが違うんだろうなと思いました。ジャニーズWebのメールは情報というよりもメッセージの意味あいが強いのかもしれないと思いました。だいたいリリース日のお昼にはメールきますもんね。

 

今年に入ってからはA.B.C-Zだけではなくゴスペラーズやミッチーも行ってます。まあでも今月のサマパラで一度区切りがつくんですが。ABC座は諸事情で申込しませんでした。あとは昨年に引き続き大河ドラマがおもしろいです。もちろん自分にとってはまだ気になる大きいニュースもありますが、そのことにはついては来月に入ってからまた書こうと思います。