すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

ジャニーズいよいよネット本格解禁?

おひさしぶりです。

ジャニーズ楽曲大賞2017以来のブログ更新です。2018年の話題については初めてのブログになります。

今年になってからジャニーズが一気にネット関連を解禁し始めてファンとしてもだいぶとまどっております。ことの始まりは亮ちゃんの「羊の木」の日本外国特派員協会での記者会見でした。このときは会見時に限りということでした。そのあとも光一くんのEndress SHOCK、知念ちゃんの坂道のアポロン、戸塚くんと京本くんの恋するヴァンパイアと続いたのですが、しばらく写真が流れていることに慣れない日々は続きました。そして2/12の岡田くんの映画「来る」発表のときから会見以外のドラマや映画の発表の際の写真もOKになりました。この2回目の解禁でドラマ中の写真もOKになったと解釈しています。個人的にかざぽんの「西郷どん」に間に合ったのは嬉しかった。そして自分のツイログによれば2/16頃にファミクラとジャニーズウェブの連携が始まったみたいです。これは連携をしておくと、ジャニーズウェブで本人達の写真が見られるようになります。私はA.B.C-Zも含めて全部連携してあるけど、他の2人もそのうち写真あげてくれるだろうか、どうだろう。それでジュニアの公式YouTubeチャンネルが発表になったのが3月上旬でしたっけ?そしてもう配信は始まっているはず。で、4/1からRadikoのタイムフリーとエリアフリーが解禁。そしてavexYouTubeの公式チャンネルも解禁したとかなんだとか。他のレコード会社はまだみたいだけど、これもそのうち追随するのかな。JストやJEともかくポニキャは公式たぶんチャンネルはあるよね?

 とりあえずここまで順次解禁になって不自然なことはだいぶなくなってきました。あとは電子書籍と音源配信かなと思うんですけど、先にラジオが解禁になったことを思うと、まだここには手をつけない気もするんですよね。あ、でも雑誌の表紙はOKになったの?電子書籍の中身はどうするんだろう。アイドル誌はターゲットを考えたら電子は難しい気がするんだけど、本来のターゲット世代がどう考えているかよくわからない。音源配信については初回限定盤がはけた後でいいので初回限定盤の音源を配信で買えるようにして欲しいという個人的希望はある。嵐とかJUMPとか初回が欲しくても買えないことが多くて、後になって音源集めたいときに買えないのはせつない。でも音楽配信もいろいろありますよね。レコチョクは「お疲れサンクス」が欲しくてアプリ入れたけど、基本的にiTunesしか使ってないから正直言うと違いがよくわかってない(汗)プレイパスといってCD買うとシリアルナンバーがついてきてパソコン使わなくてもスマホに音源入れられるサービスもあります(ミッチーとゴスペラーズでやりました)音楽業界のサービスにもだいぶついていくのが厳しくなってきた…。最後の砦と思っている個人SNSは解禁しないような気がします。メリットとデメリットを考えたときにデメリットのほうが勝つと思うので。過去にトラブルもあったし、ジャニーズウェブの写真も仕事中の写真という制限があるみたいですし。

デジタル関連で言うと、電子チケットがどこまで導入されるかも気になるところ。支払は事務局主催コンサートとファンクラブの更新はペイジーで、外部舞台はまだ郵便局の払込票ですよね。ちゃんと全てのグループの動向を把握しているわけじゃないけど、全部が全部電子チケットになったわけじゃないのかな。ジャニーズで導入する前に試してみようと思って、ゴスペラーズの次のライブを電子チケットにしてみました。ゴスペラーズが導入しているサービスは公式トレードができるんですよね。これができるようになるなら電子チケットを導入するメリットはあるのかもしれません。

 

勝手なことを言ってますけども、そもそもなんでジャニーズがここまでネットメディアを制限していたのかがよくわからないんですよね。そのきっかけとまではいかないけれど、ひとつ事情は聞いたことがあるのですがかなり前の話だし都市伝説みたいになっちゃってるなと思わなくもなく。自分もインターネットを始めて気づいたときには既に画像が出てなかったという印象です。2016年から2017年にはいろいろあって大変だったと思いますし(汗)今年になって一気に動き出してきたのかなーと思っております。

 

今後の予定ですが、今年初のジャニーズの現場はヘンリー五世になりそうです。あとはコイベビが1公演取れてよかった。

ジャニーズ楽曲大賞2017 

毎年恒例、ジャニーズ楽曲大賞の季節がやってまいりました。

主催サイト様はこちら→http://j-m-a.info/

毎年この企画で1年間のジャニーズ楽曲を振り返っています。

 

<楽曲部門>

第1位 「未完」:嵐

Mステで見たときにあまりのカッコよさにリピートが止まりませんでした。ついに嵐がこんなパフォーマンスをできるようになったのかと感慨深いものがありました。曲の展開のめまぐるしさと変則的なリズムの波におぼれるのが楽しく心地よい曲です。

 

第2位 刹那的Night:V6

西陣織の衣裳が話題を集めましたが、楽曲の中毒性も高いです。韻を踏んだ歌詞がクセになる。タンバリン打ち鳴らして、サブマリンは水浸しに??となってもその響きがクセになってしまう曲。

 

第3位 Love To Love You:橋本良亮(A.B.C-Z

2017年になってからA.B.C-Zの曲を本格的に聴くようになった新参者ですが、はっしーの声がこの曲のせつない歌詞にとてもよく合っていると思います。あと歌詞が2017年のあれこれにしみました。気づかないフリしてるだけなの、どうなの(泣)

 

第4位 終電を超えて~Chirstmas Night:A.B.C-Z

夏歌が多いイメージのA.B.C-Z初のクリスマスソング。赤の衣裳にキラキラのアイドルソングでありながら、意外とダンス曲なのは彼らの持ち味ゆえか。時期的に年末の大型歌番組で披露できなかったのがもったいない。2018年になっても歌って欲しい。

 

第5位 今:関ジャニ∞

第一印象は衣裳が白でさわやか~。それからダンスがあざとかわいい、好きとなりました。

 

<未音源化楽曲部門>

・なし

いつも投票はしませんが、えび座に行けなかったのでジャニーズ伝説の曲は気になります。

 

<現場部門>

A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour

えびの現場は全部で5本あったんですが、自分にとって記念すべき初ジャニーズコンサートだったので選びました。ひさしぶりのアリーナ規模のコンサート、ペンライトの海の綺麗さ、個性あふれるソロも(塚リカちゃん最高)5Star Shipの圧倒的な迫力に「これが今までDVDで見たジャニーズのコンサート!」と終始そんな状態でした。横アリ公演だったのでふぉ~ゆ~との共演も嬉しかったです。

個人的にはデストラップとはしパラを経てはっしーのパフォーマンスをこれからも見たいと思った1年でした。

 

<MV部門>

・忘年会 BOU! NEN! KAI! (A.B.C-Z)

ひとことで言うなら塚田P天才。そしてヒャダインさんありがとうございます。ここまで勢いでつっぱしれるMVもなかなかない。5人のキャラクターがファン以外に伝わっているのかと心配になりますが、そんなことはどうでもいいからかんぱ~いと言えてしまう曲。

 

<担当アンケート>

・橋本良亮

 さすがに担当アンケートは今年から変更せざるを得なくなりまして。こればっかりはしかたないです。

 

結果発表もちゃんと見ました。2017年の楽曲部門1位は亀と山Pの「背中越しのチャンス」でした。楽曲大賞で1位になる曲はそのグループのファンが頑張ったというより、楽曲大賞で言うところの他担票をいかに集められるかにかかっていると思っています。そういう意味では亀と山Pは強かったんだと思います。たぶんだけど、12年前の青春アミーゴを通ってきた世代はまた二人がユニットを組むとなったら気になると思いますもの(自分も含め)

以前からその1年で聞いた曲から好きになった曲を選んでいますが、今年はちょっとA.B.C-Z寄りな選曲になりましたね。MVは意外と見れていないのが多い。A.B.C-Zは全部入手したけど、JUMPや嵐は少しでも予約が出遅れると買えないからね…。既に嵐はFind the Answerの初回版の予約できてない。MVの好みと曲の好みってまた違うところがあって、曲が好きだからってMVが好きとは限らないし。それは2016年と2017年の自分の投票に現れていると思います。

早いもので10回目の楽曲大賞参加だったのですが、2017年はSMAP関連が全くなくなって初めての楽曲大賞だったんだなあと結果発表を見ながらしみじみしてしまいました。2016年は楽曲部門でチョモランマと満足バー、現場部門で恋音、ベストバイ部門でアルバムとPV集は投票できたんです。自担アンケートはもちろんのこと、現場部門はだいたい吾郎ちゃんの舞台で、そこで同志の存在を確認していたところはありました。それが今年からはなくなってしまったことがさみしくて(むろん今年は自分もえび担として集計されているわけだけど)決して参加数が多くないSMAPファンのコメントを読むのを楽しみにしていたところはあったんだなと思いました。

  

このジャニーズ楽曲大賞もどんどん規模が大きくなって管理人さんは大変なこともたくさんあると思うのですが誠実に対応されていますし、毎年開催していただきありがとうございますという言葉しかありません。今のところジャニーズ関連で決まっているのがオカケンさんのヘンリー五世だけという状況ではありますが、今年の年末も参加できることを楽しみに、2018年も自分のペースで楽しんでいきたい所存であります。

ゴスペラーズのDVDを見て

去年の夏頃BGM代わりにライブDVDを流していたころのメモ書きです。唐突に整理しました。

 

ゴスペラーズ坂ツアー2005 G10>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴスペラーズ坂ツアー2005 G10 [ ゴスペラーズ ]
価格:3693円(税込、送料無料) (2018/1/8時点)


 

・3代目ラブマシーン様降臨

・アンコール前にてつ子登場

テレビブロス誌面で自分ばぶさいくまっちょと呼ばれていることを話題にする村上てつや

 

ゴスペラーズ坂ツアー2009 15周年漂流記 秋冬>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴスペラーズ坂ツアー2009 15周年漂流記 秋冬 [ ゴスペラーズ ]
価格:5594円(税込、送料無料) (2018/1/10時点)

 

 

 ・ヤスが要所要所でユタカさん「ばぁか、何言ってんだよ」

・黒ぽんのグッズ紹介がめんこい

・4代目ラブマ様ついに宙を舞う(正しくはつられてる)

・特典映像として「冬のユタカ」のドラマが収録されている。日本すみずみ探検隊もいるよ

・「宇宙へ」はいいですよ

・サックス担当の本間将人さんはソルルネツアーのバンマスの本間さんでした

 

<The Gospellers CLIPS 2008-2010>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

The Gospellers CLIPS 2008-2010 [ The Gospellers ]
価格:2721円(税込、送料無料) (2018/1/8時点)


 

 

収録曲

1.青い鳥
2.ローレライ
3.Sky High
4.セプテノーヴァ
5.1, 2, 3 for 5
6.宇宙へ ~Reach for the sky~
7.ラヴ・ノーツ
8.ウイスキーが、お好きでしょ
9.愛のシューティング・スター
10.冬響

・マイケル鶴岡先生による「1, 2, 3 for 5」と「.愛のシューティング・スター」の振り付け講座収録

 

ゴスペラーズ坂ツアー2012〜2013 FOR FIVE> 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴスペラーズ坂ツアー2012〜2013 FOR FIVE [ ゴスペラーズ ]
価格:6294円(税込、送料無料) (2018/1/8時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴスペラーズ坂ツアー2012〜2013 FOR FIVE【Blu-ray】 [ ゴスペラーズ ]
価格:7220円(税込、送料無料) (2018/1/8時点)


 

 ・この収録のとき酒井さん途中から声が出なくなっている(本人も言っている)

・酒井さんソロの2080のピコピコ感はテレワンのピコピコ感に通じると思っているのは少数派

 ・黒ぽんソロは個人的にとても好きです

 

ゴスペラーズ坂ツアー2014 ゴスペラーズの「ハモれメロス」>


 


 

 ・ヒャダインさんとの副音声つき

・野球大会でのヤジがおもしろくて採用された田中聡元さん

・黒ぽんのルームランナーに萌え死にする人が続出(北山)

・ケンジ(北山さんの役)は長台詞が多い(北山)

・ピンクの照明はカトちゃん以外ではなかなかのれない(安岡)

・仲いいっすね。最近は自分で歌うよりも曲提供するほうが楽しい(ヒャダイン

・この顔一時停止して壁紙にする人いるんだろうね(ヒャダイン

・自分のファンレターがこないことを気にしていた聡元さん

・自分が出てないシーンをリハで見ていた黒ぽん

・北山は普段から俺をもっと誉めていい(村上)

・ストーリーの進行の関係で5以外の組み合わせで歌うシーンも多いのでそこもチェックすると楽しい

・哀しきフォーシーズンと土砂降り64はCDになっていないオリジナル曲だそうです

 

以前はDVD化されてないツアーも多かったけど、坂ツアーについてはほぼDVD化するようになったような気がする。G20とソルルネはWOWOWでの放送を見たからというのもあるけど、自宅でライブDVDを見る時間が確保できなくて買ってないんですよね。