読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

ヘンリー四世 第一部-混沌-

レポート 舞台

ヘンリー四世 第1部-混沌-

作:ウィリアム・シェイクスピア

翻訳:小田島雄志

演出:鵜山仁

会場:新国立劇場 中劇場

観劇:2016年12月8日 

この舞台に興味を持ったきっかけは「真田丸」でした。ドラマも残り10回になって本格的に出てきた岡本健一さん演じる毛利勝永がかっこよくて、そんな岡本さんが出演する舞台があると知って行きたくなってしまいました。岡本健一さんといえば、JUMPの圭人くんのお父さんとして有名かと思いますが、吾郎ファンの自分にとっては吾郎さんが出演予定だった「嵐が丘」に代役として出演してくださったジャニーズの先輩という印象です。

新国立劇場は3回目ですが中劇場は初めてでした。いつも思いますが新国立劇場には威圧感があると思います。当日券で入りましたが、中央ブロック寄りの真ん中ぐらいの列を取ることができました。中に入ってみたら思っていたより客席が少ないと思いました。舞台がせり出しているので、意外と客席とステージが近い。端っこは空いている席も多く、もったいないなと思いました。

とはいえ、あまり演劇に詳しくない自分としてはシェイクスピアを3時間というのはかなりハードルが高かったです。簡単に公式サイトで予習してから行きましたが、役名もすんなり覚えられる名前じゃないし、パンフレットも買いましたが知っている役者さんも少なかったので顔と役がなかなか一致しない。正直に言うと第1幕はちょっと厳しかったです。第2幕に入ってからはやっと人間関係も整理できて楽しむことができました。

きっかけが真田丸なので、やはり気になるのは岡本さんと今井朋彦さん。矢沢伯父上役だった綾田俊樹さんも出演されていたのですが第1部ではよくわからなかったです(新国立劇場のサイトの写真によるとピエロのような衣裳の役だったみたい)岡本さん演じるヘンリーパーシー(ホットスパー)は反乱軍側の兵士。勝ち目のない反乱軍の兵士という設定が真田丸の大坂サイドと共通していると思いました。髪型もひとつにまとめていたのでますます毛利勝永にみえてしかたありませんでした。髪の色も少し明るくしていてはしっこは編んでいたかな。あと衣裳がえんじ色なあたりも真田丸に通じます。部屋着?といっていいかわからないけど、それのえんじ色も印象的です。今井さん演じるリチャードヴァーノンは2部から本格的に登場。2部が始まってすぐに今井さんが目の前にきて「おおっ」と思いました。すらっとしていて素敵。ヴァーノンはホットスパーと同じ反乱軍側だけど、ホットスパーよりは冷静な感じ。ここもどことなく大野修理に通じるものはありますね。ラストでハル王子(浦井健治さん)とホットスパーの殺陣シーンもあるし、役者さんの体力すごいなあ。1部と2部の通し公演の日なんて第1部3時間と第2部3時間で6時間だからね。ひええ(No9でもあの激しい役を2公演の吾郎さんもすごいと思ったけど)

きっかけが真田丸なので何かと結びつけたくなっちゃう。でも基本の構造は同じだと思うんですよね。体制側のヘンリー四世も正当な手段で王位を継いだわけじゃなくて(家康だっていろいろなことしてる)反乱軍側は望みはないまま戦い続けなければならない。いつの世も権力争いというのは儚いと思うのです。舞台に行かれた方の感想を見ると第2部ー戴冠ーの岡本さんと今井さんの役もよかったようなので見たかったなー。写真だけは新国立劇場のサイトで見られるけど岡本さんの衣裳すごい。役名はピストルという役だそうだけど、どんな役なの?第2部はハル王子が王位を継いだあとの話だったみたいなので、一気に見たらおもしろかったんだろうな。時間の都合がつかないのはわかっていたけど残念。

シェイクスピアに苦手意識はありましたが、それでも思い切って観劇してよかったと思いました。あとになってパンフレットを読み返したらわかる部分も増えてきたので、機会があれば今後も観劇したいと思いました。