すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

インザヒーロー

ミッチーも友情出演していますし、なんとなく前から行きたいと思っていのでさっそく行ってきました。上映の前に「小野寺の弟 小野寺の姉」の予告が流れて、前の方に座っていた年配のご夫婦の奥様の方が「及川みっちゃんいたね〜」と気付いていて、映画本編中もミッチーが出た時に反応していたのできっとベイベに違いない。でもみっちゃんって呼ぶということは相棒経由かな?(笑)

唐沢アニキが元々スーツアクターから芸能界に入ったことは知っていましたし、この映画自体がアニキ前提の映画だと思っていました。福士君も特撮出演経験あるからそこもいい。アニキ演じるスーツアクターの本城歩がやっと顔出しの仕事ができると思ったら、その役を福士君演じる売り出し中の若手の一ノ瀬リョウに取られてしまう。本城もやっと顔出しの仕事ができると思ったらそれが命にかかわるスタントの仕事だったという話。そのスタントに命をかけて挑む本城。ストーリーとしてはベタベタだと思うんだけど、最後はよかったねーで終われる話かなと思います。ヒーローの話はだいたいベタベタですもんね。
ハリウッドを目指しているリョウは子供向けの特撮に乗り気でない様子。リョウのヤル気ない姿に口出さずにいられない本城の熱さはアニキと通じるものがあると思うんだけどなあ。テレビでは色々と適当なことばっかり言っているけど、実際は熱い人だと思うんだよなあ。飲み屋でリョウに説教するあたりはリアルだった。最初のリョウは本当に態度悪くてね。それはこんな特撮の現場じゃなくて、早くハリウッドに出て有名になってどこかにいるお母さんを探し出したいという思いがあるわけだけど。マネージャーは大変だったろう。ちなみにミッチーは本城の別れた妻の凛子さんのお見合い相手として登場。こういう役はおまかせですね。このシーンでボクらの時代で話していた「主人公の恋のライバル役」話を思い出しました。話している内容からしてやりての実業家ぽい感じでした。でも凛子さんにはフラれちゃうのだけど。
ところで「ラストブレイド」ってどんな話なんですか(笑)ハリウッド映画で日本のシーンが本能寺で不死身の忍者が戦うってどういう展開ですか。ハリウッド的な日本を表現したかったのだろうか。あとこの「ラストブレイド」の監督って誰かモデルいるのかな。自分の映画にこだわりたい気持ちは分かるんだけど、それは役者さんあってのものだと思うんですよね。自分の撮りたいシーンの為に役者さんの安全がないがしろにされるのは今はちょっと問題だろううな。そこまでしても撮りたいというのはそれこそワガママではないかと思ってしまいました。なんかここだけ冷静に見てしまった。

職人さんのプロ仕事を見るのは大好きなので、特撮の撮影の裏側が色々と見られたのは楽しかったです。東映なのでこのあたりはノウハウあるでしょうしね。超アップ用の変身道具というものがあるそうです。それをリョウが投げたらスタッフさんに怒られちゃうというシーンもありました。予告で見た時にドラゴンフォーのピンクのスーツアクター寺島進さんで笑っちゃったんですけど、物語の中では背が低いからレッドができないというセリフがあって「そうなのか」と思いました。あとヒーローショーの裏側もおもしろかった。後ろでショーの進行状況見ながらMCしているんだなー。

とりあえず特撮好きな人は楽しめる映画だと思います。