すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

恋と音楽

恋と音楽
作:鈴木聡
演出:河原雅彦
音楽:佐山雅弘
観劇:2012年12月4日マチネ


吾郎さんがミュージカルに出演する日がくるとは思ってもいませんでした。しかも共演者に相棒の悦子さんでおなじみの真飛さんなんて!しかし12月に舞台てかなりハードスケジュール。SMAPとしての仕事も多い時期ですし(観劇翌日はFNS歌謡祭)クリスマス前後のスケジュールおそろしいな。これどうにかならなかったんだろうか。自分の主演舞台の合間にSMAPのコンサートで札幌に行くって。

 

PARCO劇場なので着いたらお花チェック。真飛さんも出てるから来てると思ったけど、成宮くんからお花来てました。真飛さんには白、吾郎さんには赤でした。あとはいつもの感じだったかと(覚えてない)PARCOとはいえ最後列でちょっとテンション下がりかけたけど、ピアノサイドだったのはラッキーでした。客席が吾郎ファンが多いんだろうけど、宝塚ファンも多いのかな?と思いました。聞いたことのある名前が飛び交っていたので。

 

ミュージカルといってもバリバリに歌ったり踊ったりする作品でもないという印象でした。脚本も鈴木さんだし、田代のキャラクターも鈴木さんのなかの稲垣吾郎像だなと。鈴木さんのなかで吾郎さんのキャラクターはブレないんだなと思いました。あと真飛さんが綺麗でした。吾郎さんを見たいと思っても、気がつくと真飛さん見ちゃうんですよ。これが元宝塚トップスターのオーラなのか…。こう言ってはなんですが、相棒の悦子さんやっているときより舞台のほうが綺麗だと思いました。エリコは吾郎さん演じる田代が作り上げた想像上の女性だったわけだけど、中盤の田代とのラブラブぷりはカイトが嫉妬するレベルだと思ってました(いろいろ混ぜないでください)
吾郎さんはコメディアンな吾郎さん。今までの役だとパーカーぽいのかな。パーカーほど適当ではないと思うけど。あとね。マッチャーの登場がずるいと思う。生マッチャー嬉しいけど。あのへんアドリブ多そうだけど、1回しか見られなかったのでなんとも。

 

パンフに書いてあったけど、菅原さんがMの悲劇での痴漢役だったなんて知らなかった~。あの男のせいで安藤衛の人生は狂っていったのでした。