すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

テレビ版の序も破も半分くらいしか見れず予習不足の状況でありましたが、時間のあるうちにと見に行ってきました。

率直に言うと、シンジとほぼ同じ目線で見ていたと思います。何が起こっているのか意味が分からない。ぽかーんとして「え?え?」と思っているうちに話が終わっちゃった感じでした。とりあえずサードインパクトの引き金となったのはシンジで、それはネルフの読み通り。ネルフ(よりはゼーレ?)はサートインパクトを起こしたかがっていた。よってそのネルフを止める組織としてできたのがミサトさん達のヴィレということなのかな。テレビアニメ時代を思うとカヲル君があそこまでキーパーソンなるとは意外でした。この場合カヲルもゲンドウに利用されていたという事になるのかな?カヲルもゲンドウに真の目的には気付いていなかったと。

破のラストの記憶が曖昧なのですが…。シンジがレイを助けた事によってサードインパクトが起こり、今回もカヲルの手助けをしようとして世界を破滅に導きかけたと考えていていいのかな。最初はどんだけ綾波の事が心配なんだと思っていただけなんですが、それがきっかけでサードインパクトが起こったと知らされたらショックだと思います。だからカヲルに「これが救いだ」と言われて協力する気になっちゃたのかなと。テレビアニメ時代と比べると2人の関係にドキドキしちゃいましたよ…別にそういう思考はないはずなんですけど(笑)

あと1回行きたいな。できれは破の後半戦見直してから。アニメーションも綺麗ですよね。そして声優さんの名前に安心できます。今回は新キャラが増えたので知らない声優さんも増えましたが、それでもレギュラー陣が知ってる方ばかりなのが嬉しいです。劇場を出るときに誰かが言っていた「おもしろいけど意味わかんない」というのが最も的確な感想だと思いました。確かにおもしろいと思う。だけど色々考えるともう何がなんだか分からなくなっちゃう感じ。