読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

臨場劇場版

ドラマ版の臨場は続章からしか見ていないので、実はいっちーの倉石班時代をよく知りません。渡辺大さんを見ても「いっちー」と呼んでしまうので、いっちーの本名が一ノ瀬だった事を忘れかけていました。

今回の劇場版は無差別殺人から始まります。秋葉原の事件とか、バスジャックとか現実でもあったような事件とつながる部分があり、見ていてしんどい部分も多いです。あとそこに刑法39条も関わってきます。あとは検視とか解剖とかもドラマよりもリアリティがあるので、それもまたキツイ人にはキツイかも。冒頭の無差別殺人の犯人が刑法39条で無罪となり、その精神鑑定を担当した精神科医と弁護士が殺されるところから事件は始まります。犯人は39条の事を分かっていてそれを利用したことや、センセーショナルな事件をある意味で利用した精神科医と弁護士のこと。実際にこういう事件てありそうだよなと思ってしまうのは現実が物語の世界をとっくに超えてしまっているからなんでしょうかね。倉石も事件に自分の師匠が関わっているから辛かったと思うけど、それでも「根こそぎ拾ってやる」の精神は貫いたのだなと思いました。

あと今回は倉石さんがー!という感じで終わります。途中で「そうなんだろうな」という描写はいくつか出てきますが(部屋の花が減ってたり、金魚を預けに行ったり)それが最初のシーンにつながるので、スタッフロールで席は立たないでくださいね。

この終わり方だと続編はなしかな。