すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

ゴスペラーズ坂ツアー2011〜2012 ハモリズム (桐生市市民文化会館)

このハモリズムツアーは宇都宮公演がなく、桐生公演のみの参加となりました。

セットリスト

  1. NEVER STOP
  2. UPPERCUTS9502
  3. 愛のシューティングスター
  4. Love Vertigo
  5. Oh Girl
  6. 銀座カンカン娘
  7. BLUE BIRDLAND
  8. Shall we dance?
  9. なんどでも
  10. 明日
  11. 冬響
  12. ひとり
  13. 永遠に
  14. 恋のプールサイド
  15. 見つめられない
  16. 123for5
  17. シークレット
  18. WE GOT SOUL POWER
  19. Lean on me(なりきり)
  20. My Gift To You
  21. Higher
  22. Dreamin'

アンコール

  1. BRIDGE
  2. 街角-on the corner
  3. 星屑の街


今回のパンフレットは着物でした。酒井さんはやっぱり着物が似合いますね。どちらかというとゴスペラーズはスーツの方が好みなんですよね〜。あ、でも北山さんの着物姿もいいなあ。ところでヤスの髪型は当分そのままなんでしょうか…。いや本人がよければいいんですけど。席はPA席の真後ろでした。立つと見やすいのですが、座ってしまうと機材が邪魔で見えにくかったです。

 

NEVER STOP~UPPER CUTSまではアカペラで。愛シューの振り付けが少し変わっていたような気がしたけれど、気のせいかな?個人的に銀座カンカン娘が聞けたのがよかった。この曲好きなのよ。恋のプールサイドは振り付けがかわいかった。印象に残ったのがシークレットの新しい振り付け。以前のエアロビのような振り付けがかわって、ちょっとかわいい振り付けになってました。サビの「シークレット シークレット」の部分で人差し指を口元→手で目を隠すになっていて実際にやってみるとそんなに難しくないし楽しい。この1曲のためにもう1公演行きたくなりました。そして次に「WE GOT SOUL POWER」を持ってこられたら参りましたというしかない。この曲はほんとに元気になれるから好き。

今回は歌多めでMCは少なめ。でも昔ほどはMCしゃべらなくなってきたと思う。恋のプールサイドの前(だったと思う)に自分たちのハモリの原点とは?というトーク。年長組は高3の文化祭の話。体育の授業中に黒ぽんを呼び出してオーディションしたという話をして、そのときには歌えなかった曲ということで「夢の中へ」あとヤスが学生時代に作った曲を北山さんと酒井さんと歌ってました。

 

MC

ユタカエイティーンという言葉。なんでこの話になったんだっけ?表記するならYTK18になるのだろうか

ヤスがどこかでひざまづいていたような気がしたけど、ラストの方だったと思うけどどこかがわからない。てっちゃんが膝をぶつけたのはヤスのマネをしてだったかも。

 

今回のライブは本当に歌を聞かせるライブで、やっぱりゴスペラーズの音楽はいいなと再確認できました(←基本いつもコンサートに行くと思うんだけど)そして踊れる曲はどうしてもはりきって踊りたくなってしまうのでした。シークレット楽しい。まだ踊りたい。