すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

ゴスペラーズ坂ツアー2010〜2011 ハモリ倶楽部 響 (桐生市市民文化会館)

ハモリ倶楽部第2弾。

 

セットリスト

1.冬響

2.ふたつの祈り X'mas Love to you

3.Shall we dance

4.さらば涙と言おう

5.星屑の街

6.永遠に

7.Forgive Me

8.Going Down Into You(北山ソロ)

9.MIDNITE SUN(村上ソロ)

10.遠い約束(黒沢ソロ)

11.The Travelling Show(must go on)(安岡ソロ)

12.Mr.サンデー

13.愛のシューティングスター

14.1,2,3 for 5

15.Unlimited

16.冬響

17.東京スヰート

18.いろは2010

19.靴は履いたまま

アンコール

1.Sky High

2.ラヴノーツ

3.Armonia

 

開演前のアナウンスがいつもとちょっと違う。

開演→開店になってたり、

公演を中止する→営業を停止する

ハモリ倶楽部にに喫煙席はございません

というようににアレンジされていました。

 

1.冬響

真里さんのピアノと5人で。最初は芝居でコイキさん(真里さん)がハモリ倶楽部を訪ねてきてそれを引きとめようとする店長のユージさん。

 

2.ふたつの祈り X'mas Love to you

3.Shall we dance 

3は新曲。黒ぽんと北山さんがリード。

衣裳は黒の上下に赤シャツ。黒ぽんのみベスト、北山さんだけネクタイ着用でした。

たしかここで自己紹介。ただしハモリ倶楽部店員風に。

主に高音担当→カオル

低音担当→ヨウ

低音から高音まで→テツヤ

ユタカとユージは忘れちゃいました。

 

4.さらば涙と言おう

5.星屑の街

6.永遠に

7.Forgive Me

曲前のMC(たぶん星屑)で北山さんがかんでた。さらば涙と言おうがけっこくよくて、帰りに歌鬼3を買ってしまった(前回ハモクラの夏のクラクション枠?)永遠にはライブでないと聞かないなぁと。Forgive Meはザ・ソウルミュージックで流してた。こういう熱い曲は年長組がさすがだなぁと思います。

 

ハモリ倶楽部店内

あのテーマが流れる店内。ノルマを達成できそうになりテツヤと朝昼晩のマメなメールを欠かさないヨウ、元気のないカオルに絶好調のユタカ。店長からの宿題で各自のソロへ。

8.Going Down Into You(北山ソロ)

準備があるのでと引っ込むヨウ。

村「まさか囲碁をやりましょうじゃないよな」

で、流れたイントロがこの曲。まーさーかのこの曲。聞ける日がくるとは思ってもいなかった。DA PUMPのISSAがソロデビューしたときにゴスペラーズが3曲提供をしたのですが、その3曲のなかでこの曲がいちばん好きでした。ヘッドセットでダンスつけての披露。かっこよかったです。

 

9.MIDNITE SUN(村上ソロ)

自分で凄いテツヤソロと言っていた。

 

10.遠い約束(黒沢ソロ)

ウクレレでイントロ弾いて、途中からベースとギターも参加。

 

11.The Travelling Show(must go on)(安岡ソロ)

安「俺のはシンプルだから」

架空の主題歌に収録されているそうです。中央の円形ステージが回り出してまたまた安岡オンステージ。ハモリ倶楽部+安岡優=回転ステージという方程式が浮かびました。何回もドアを行ったり来たり。曲は安岡節炸裂だと思いました。

 

ここで店長ステージかと思いきや、衣裳チェンジして5人で登場。よく見たらヤスはあの茶コートの下に次の衣裳を着ていたのね。

12.Mr.サンデー

思っていた以上に盛り上がる曲でした。酒井さんセンターで列になって歌っているのがなんかかわいかった。でもこの曲サビに入ると手拍子できなくない?すぐあきらめちゃった。

 

13.愛のシューティングスター

14.1,2,3 for 5

スタンドマイク出てきたこの曲しかないわけよ。愛シューは踊っている人少なかったような。1,2,3 for 5の方が振り付けは浸透しているみたい。

 

15.Unlimited

イントロで大歓声。これもまさかの選曲。もうこの曲は年長組の独壇場。2番の途中で年長組が互いにマイクを向けて歌うところは私でも「ひゃー」となりました。あれは凄かった。

MCはさんで芝居部分へ。

コイキが男を連れてハモリ倶楽部へ来店。ユタカがさっそくアプローチするも

コ「今日は連れがいるの」

と断られ、ミツルこと須藤さん登場。

テ「なんだ。プロゴルファーかプロボーラーか」

と素振りをする須藤さん。

テ「プロの匂いがする」(余談ですが須藤さん確かボーリング得意なはずです)

(ここで二人がハイボールを注文してウィスキーがお好きでしょをちょっと歌う)

どうやらカオルとコイキは昔一緒のバンドで歌っていたことがわかる。最後にもう日知度だけ歌わせてとの流れで

16.冬響

17.東京スヰート

「とうきょう」つながりの2曲だと気づきました。

 

店長の口上のあと

ユ「ミツルさん。Esの音をくださーい」

上手からサックスとバルブトロンボーン(だっけ?)が登場したらあの曲しかありませんね。

18.いろは2010

この曲はCDよりもステージで聞くほうがかっこいいと思います。特にベースがしびれる。須藤さんがかっこいい。世田谷ホーンズも決まっていたと思います。

19.靴は履いたまま

最近よく歌っている気がする。ちょっと合いの手増えてる?

 

アンコール

発声はヤスというかユタカさん。

ヤ「サンキューでした」

 

MC

村「北関東道はいつできるの?」

客席から3/19と声が上がる。

村「完成すると俺らも便利なんだよね」

今は国道50号を使っているそう。あとどこから来たか調査もやりました。意外と桐生市民が少なかった印象。前橋、伊勢崎と次々に地名が上がっていたてっちゃんはさすがだ。

最後の挨拶で経緯は忘れましたが黒ぽんが「あいさつしにくい」と言っていて(たぶん直前の北山さんが難しい話をしていたような記憶)

村「じゃ俺が後ろにいてやる」

と黒ぽんいぴったりくっつつてっちゃん。たぶん自分のマイクも差し出していたと思う。自分の番になったらサッカー選手のインタビュー風にあいさつ。このときも黒ぽんのマイクを差し出させていた記憶。

村「今度は沼田のてんぐ祭のときに来たいと思います」

  

パンフの中でもユタカさんはユタカさんでした。ユタカさんの名刺だけ「真夜中のメリーゴーランド」て入ってる(笑)