読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

アフタースクール

映画

これまた上映は最寄の映画館ではなし。
でもキャスト的に絶対に見たかったので遠出しました。


結論から言うと。
しっかりだまされてきました(笑)でもだまされた方が気持ちいい映画だと思うし、楽しめると思います。

洋ちゃん、堺さん、蔵之介さん、というキャストを見た時からどうしても見たいと思っていました。この3人が同じ作品に出演していることが個人的には奇跡だと思っていたくらいです。途中その共演の嬉しさにニンマリしていました。

ストーリーは少しややこしいかもしれません。
特に後半部分は、誰がだます方で誰がだまされているかが分からなくなってしまった部分があって、そこはもう1回見たいと思いました。

3人ともとても役にハマっていました。
教師役の洋ちゃんのあだ名が「モジャモジャ」ってあたりが最高です。「誰がモジャモジャだ」と生徒に返すあたりはバラエティの洋ちゃんだなと思いました。職員室のシーンでは音尾君もいましたね!後半の蔵之介さんと教室で対峙するシーンはモジャモジャのイメージがなくかっこよかったです。

蔵之介さんはいまだに「Mの悲劇」の明で止まっているので・・・またそれとは違った裏の顔を感じました。そんなわけで伊武さんとのシーンは思わずドラマの方を思い出してしまったりしました。最終的に一番損をしたのは蔵之介さんの役だったなかな。

堺さんは見事にだまされました。あんな笑顔で危険なことをやっていたなんて・・・。ひょうひょうとしているという言葉がぴったりだと思いました。でも最後は洋ちゃんにおいしいところは持っていかれていしまって切ないです。

パンフも買ったのですがまだ読んでません。オフィシャルブックも同様です。
パンフは上映前に買ってもネタバレにはならないと思います