読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

デスノート(前編)

デスノ見に行ってきました。

思っていた以上におもしろかったです。持っていた前知識は「名前を書かれると死んでしまうノートと少年の話」ぐらいしかなかったので、あんな展開になるとは思いもせず最後までドキドキしながら見てしまいました。また藤原君が怖くて。だんだん自分の為に殺人を犯すキラをよく演じていたと思います。もとが童顔だからあーいうちょっとイッちゃった役を演じるととても怖く見えます(正月の古畑とかもそうかな)あとLね。(Lって言うと、某スレイヤーズのL様みたいですが)恐ろしく頭がキレる人で、一歩間違えればLとキラは立場が逆になっていたのではないかと思います。2人とも頭はキレるし、どっちがどっちの立場でもおかしくないと思います。基本的に頭いいんだけど、ちょっとゆがんでいるというかなんというか。最後に自分の恋人を殺すシーンはそこまでするか!と思いました。そこまでして自分を守りたいのかと。そしてキラを捜査するグループに自分も入ってしまう。Lとキラの直接対決です。絶対に秋の後編も見に行きます。

あと、ネットや携帯でのキラに対する反応は凄く今っぽい世界観だと思いました。なんだろう、あの感覚。模倣犯の時も同じようなこと思ったけれど。