すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

ゴスペラーズ坂ツアー2004 号泣(郡山市民文化センター)

今回は2階席でしたが、このホールの2階席は実質1階席なのでけっこういい席だったと思います。しかもまたしても真ん中でした。今回は宇都宮以上に記憶があやしくなっております。MCは相当あやふやです。

注:各メンバーの言葉は正確なものではありません。だいたいこんな感じかなと思ってください。
色分けはてっちゃん黒ぽん酒井さん北山さん安岡さんです。

セットリスト

1.シアトリカル
2.You are my girl
3.Get me on
MC1
4.Yes,No.Yes
5.Tシャツに口紅
6.アンジュナ
7.Right on,Babe
ミニシアター純喫茶アカペラ
8.讃歌
9.新大阪
10.北極星
11.エンドロール

MC2
12.sweet
13.告白(Soul Tempo)
14.Reflections
15.愛の歌(なりきり)
16.Vol.
17.FRENZY
18.Real Tight
19.星屑の街
20.コーリン

アンコール
1.ひとり
2.永遠に

衣裳は宇都宮と同じでした。 


オープニング前は自然と手拍子が上がってました。宇都宮の時はあまり気づかなかったけれどオープニングかっこいいですね。これからライブが始まるぞという気持ちが盛り上がってくる感じです。


1.シアトリカル
私が見慣れたのか、ゴスも踊り慣れたからなのか分かりませんがそんなにダンスに違和感は感じませんでした。とにかく黒ぽんがちゃんと歌えていたのが嬉しかったです。5人のビジュアルの変化は黒ぽんの髪が短くなっていたのと、安岡さんがストパーかけたのかな?と思ったくらいでした。ちょっと遠めだったので確実ではありませんが。


2.You are my girl
今回も握手会は開催されていました。安岡さんかな?下手側で開催されていたみたいでした。


3.Get me on
おおーっ!この曲をやるとは。あの振り付けがまた見られて嬉しいです。


MC

4.Yes,No,Yes...

もちろん安岡優オンステージでした。このライブに行った後しばらくの間、歌いながらステージ上をすべっていく安岡さんの姿が頭から離れなくなりました。ちなみにこの時点でスーツには汗がしみていた気がしましたが、照明の関係の見間違いかもしれません。


5.Tシャツに口紅
6.アンジュナ
7.Right on,Babe
この3曲はスタンドマイクで歌いました。このあたりの曲は本当に黒ぽんがちゃんと歌えてるのが嬉しくてしかたありませんでした。アンジュナは本当にいい曲だと思います。


ショートショート 純喫茶アカペラ
ストーリーは宇都宮と同じなので省略します。
8.讃歌
9.新大阪
10.北極星
11.エンドロール

ここで歌われるアカペラ4曲は聴きなれている曲なのにぐっときます。踊って激しい歌を歌うゴスも好きだけど、バラードもアカペラもやっぱり好きだーと再確認してしまいます。そして酒井さんの般若心経おもしろいです。ただ、始まる前の声かけは勘弁して欲しかったです。その後なかったのでほっとしましたが。


MC2

12.sweet
13.告白(Soul Tempo)
この2曲はフィーチャリング年長組でした。告白についてはなんで宇都宮で歌わなかったんだろうと思ったくらい自然な選曲でした。濃い年長組の歌を楽しませてもらった感じでした。


この曲は私にとって理屈抜きで好きな曲です。
てっちゃんの声がたまりません。


14.Reflections
15.愛の歌(なりきり)
16.Vol.
15と16の2曲はなつかし曲ということで。たくさん踊ってくれて嬉しかったです。
でもVol.を聴いて、ついうたばんでの恥ずかしい映像を思い出したしまったのは内緒です。愛の歌もVol.もこんなに踊るんだーと意外に思いました。Vol.のダンスもその恥ずかしい映像時代よりずっと自然でよかったと思います。そして照明も非常に派手でしたね~。FRENZYはやっぱり酒井さんのHBBに圧倒されます。最後のてっちゃんのコールが「フレーッシュ」になったのは多分郡山だけでしょう。


18.Real Tight
前3曲の勢いのままこの曲に突入。この曲が終わった時にてっちゃんが「ちょっと水飲ませて」と言ってました。


19.星屑の街
20.街角-on the corner-
もうここはじっくり聞かせるところです。何もせずにただただ聞くのみです。


21.コーリン
やっとこの曲が聴けたよー。すごく嬉しかったです。なんかGTの時の約束の季節みたいな曲だなと思います。


アンコール
1.ひとり
2.永遠に
永遠にはマイクオフが聴けてよかったです(宇都宮では聞けなかったので)とにかくそれにつきます。


MCはどこでどんな話をしていたか覚えていないので、ネタごとにまとめて書いていきます。
・おくれ毛
ゆかたを着ている人が多かったことから女性のおくれ毛がいいという話に。酒井さんが「ミスターオクレ」と話をふる


・フレーッシュ
今回「フレーッシュ」がいたくお気に入りだった酒井さん。MC中で何回も「フレーッシュ」と叫んでいました。あんまりにも叫ぶので
安「自分でギャグに飽きないでね」
と言われてました。ちなみにこの「フレーッシュ」は聖子ちゃんの夏の扉からだったそうです

 

・2年前と同じネタしかない
村「今回MCのネタ考えてみたけど2年前と同じ話しかないの」
客「えーーー」という雰囲気
村「誰か郡山来た人いる?」
と言っても誰もいない様子。そんな中てっちゃんは仙台までドライブしてその帰りに郡山に寄ったそうで。
村「東北道が北の方になると暗くて怖いの」
(この話宇都宮でもしていましたね)
村「途中でお腹空いたから高速を降りて郡山のデ○ーズによって、また高速に乗ったら宇都宮で餃子が食べたくなって宇都宮で降りた。そしたら朝4時ぐらいに品川ナンバーの車で怪しく思われみたいで宇都宮駅前で一時停止違反とられたの。なんであの時もっと郡山でちゃんと食べておかなかったんだと後悔した」

以前てっちゃんが郡山に来た時(GTの時?)にしつこい客引きに合ったそうで、その様子を酒井さんがてっちゃん役、てっちゃんが客引きの人役で再現してました。


・日本三大
ようやく地元話が。てっちゃんが三春の滝桜を見たいと思っていてそれが郡山の近くだったと分かったことから。
村「あれって日本の三大滝桜なんだよね。あーいう日本三大とかって勝手に名乗っていいんでしょ?」
そんな日本三大の話から、途中で北山さんがいきなり安岡さんの方へかけよって他3人をさして
北「この3人で日本三大テノールって言ったっていいんだからね」
そしてテノールのまねを始める3人。おかしすぎる。そしててっちゃんが発端で酒井さんに日本三大サカイを名乗ればいいと言って、「マチャアキさん、のりぴー、酒井さん」が日本三大サカイだと言っておりました。


・ヤングのおっちゃん
MC中に安岡さんへ声がかかる。
安「は~い」と返すヤス。
安「もう来週には俺も30だからね」
村「もうヤングじゃなくてヤングのおっちゃんだよ。でも、まだ30になってないのが意外なんだよなー」
北「自分より年下ということを忘れそうになる」(言葉は忘れましたが、こんなニュアンスの話をしてました)

 

・郡山という街は
郡山に前乗りしていた北山さん。郡山の街中を歩いていて、「あー街だな」と実感したそうで。
村「郡山は30万都市だからね。県庁所在地より人口が多いのは福島と三重ぐらいだからね」(けっこうこれは有名な話ですね。県庁所在地の福島市は県内3番目だと思いました)


・最後のメンバー紹介
村「安岡ノーヤング優!」
村「酒井フレッシュ雄二!」


個人的には愛の歌とVol.が聴けたのが嬉しかったです。でもDance~はできれば聴きたかったかも。