読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

ゴスペラーズ坂ツアー2004 号泣 in宇都宮市文化会館

今回は全県を回るツアーということで、今までで最大のツアー数になっています。宇都宮市文化会館は前回のGTツアーでも使われた会場です。GW渋滞を用心して早めに出発したので昼ぐらいには会場に着いてました私達以外にも何人かファンらしき方を見かけました。ツアートラックの写真を撮って、とりあえず食事の為に会場を離れました。


開場時間になっても雨はやまないので行列が空くまで待ってました。ライブに備えてだいぶ薄着で来てしまって寒かったのです。今回どこでどうミラクルが起こったのか知りませんが、席が1階真ん中の一桁でした。GT郡山の時もかなり前でしたが、今回は真ん中で前という非常によい席でした。いつものことながら落ち着かず開演を待ってました。このドキドキ感がたまらないといえばたまらないのですが。

注:各メンバーの言葉は正確なものではありません。だいたいこんな感じかなと思ってください。色分けはてっちゃん黒ぽん酒井さん北山さん安岡さんです。

 

セットリスト
1.シアトリカル
2.You are my girl
3.wanderers
4.約束の季節
MC1
5.Yes,No,Yes...
6.Full of Love
7.Tシャツに口紅
8.アンジュナ
9.Right on,Babe

ミニシアター純喫茶アカペラ
10.讃歌
11.新大阪
12.北極星
13.エンドロール

MC2
14.sweet
15.Reflections
16.Dance If You Want It(なりきり)
17.シークレット
18.FRENZY
19.Real tight
MC3
20.星屑の街
21.街角-on the corner-


アンコール
1.ひとり
2.永遠に

衣裳
1~9まで ラベンダー色のスーツ上下
10~13 劇中の衣裳
14~最後 白スーツ上下(中のシャツは個人によって違いあり)

セット
開演まで紫の幕がステージにかかってます。ミニシアターでは幕が降りてきてその前でやってました。幕を境にして後ろにはバックバンド、前はアカペラ用と分けているようです。


開演
幕が上がるとステージの中央部分に5人が登場。ちょうど松本さんと真里さんの間にスペースが空いていて、そこに5人が立っていました。

1.シアトリカル
やっぱりこの曲が最初でしたね。振り付けが細かくておもしろいので、思わず酒井氏禁句をつぶやきそうになる。リードの人が見たいけど、他の4人の動きから目が離せないのでどこを見たらよいか迷いました。


2.You are my girl
途中から5人がひざまずいて歌っていました。最前の人は触っていたと思います。
うらやましい。でももし自分が最前にいたら多分目も合わせられないと思ってしまいました。


ここでそれぞれ名前だけ言って簡単に自己紹介。
村「次は『wanderers』だ!」

3.wanderers
しかもなかなかタイトルが出てこなかった。サビでの手の振りがおもしろいので、途中から一緒にやりました。意外な選曲でした。


4.約束の季節
これも聴けたのが意外な曲でした。しかもオープニングに持ってくるとは。GTで最後のイメージがついてしまったので余計に意外に思いました。


MC1
「こんばんは~ゴスペラーズです」という感じでスタート。
安「今日で11本目です。ツアーは59本なのであと何本か分かりますか酒井さん」
酒「俺にそういう数字的なものは…59から11を引いて…」
安「違いますよ。残っているのだから10を引いて49本ですよ。というわけで、今日だけ欲求ツアーになります!」

・コール&レスポンス
残り49本だから「欲求ツアー」だという話になって
村「欲求客「欲求
村「欲求客「欲求
村「不満」客「不満」
酒(多分)「不満とか言わせているんじゃないよ!」


言葉を覚えていないので箇条書きでMCのネタをあげておきます。
・お客さんにも色々なことを要求しますよという話
村「おひねりとか投げなきゃならないと思う人がいるかもしれない」
と、てっちゃんがシャツの胸元をはだけさせてステージを歩く。

 

・開演が遅れた理由
村「今日ちょっと開演が遅れたでしょ?なんでかっていうと安岡の衣裳がやぶけてたのよ」
開演前にトイレに行った時に気づいたらしい。
安「このあたり(右の脇のあたり)がやぶれていたのを、急いで縫ってもらったんです」

・安岡さんはたまにてっちゃんに向かって「バカじゃないの」とか「虫みたい」とか言う
村「それは俺がたまに楽屋で踊っているからなんだけど。安岡、俺のマネしてみてよ」
安「あの動きができないんだよ」
後ろにそって手を下げたようなポーズをとる安岡さん。
安「これどうなってるの?」
するとてっちゃんが同じポーズをとってステージを動く。凄い動きでした。この後に北山さんが安岡さんの汗を拭いてました。

 

5.Yes,No,Yes...
色々な意味でエロいと思いました。どんな感じにエロかったのか全く覚えていないのに、エロいという記憶だけは残ってました。他の4人の記憶がほとんどないです。


6.Full of Love
あー小岩井でも聞いたなと思ったのがファーストインプレッション。5.Yes,No,Yes...の次に歌うのはなかなかの曲順だと思いました。


7.Tシャツに口紅
スタッフさんがマイクスタンドを持ってきたので何かなと思ったらこの曲でした。
好きなので聴けて嬉しかったです。しかも手袋つきでなりきってました。この曲は振りも好きなんで見ていても楽しいです。


8.アンジュナ
マイクスタンドで歌うゴスペラーズは珍しいですね。ここで思い出したのがSMAPのらいおんハートだったのは何故だろうか。この曲の酒井さんの声が凄く好きなんですよね。特にサビの部分が好きなのです。もちろんここで手袋取ってます。曲が始まる前にステージの後ろにぽーんと投げてました。


9.Right on,Babe
最後がバンド終わりは小岩井と一緒。バンドが演奏している間に1人ずつメンバーがハケていきます。バンドが終わると紫の幕も閉じてしまいます。


ここで喫茶店のセット組まれます。ミニシアター「純喫茶アカペラ」喫茶店のセットが出てきて、マスターは北山さん。そこで繰り広げられるお話です。


マスターが1人で経営する喫茶店。
そこに1人の男がやってきた。
その男が本を読みながら頼んだコーヒーを待っていると、また男がやってきた。
喫茶店にマスターも含め男が3人。
そこのマスターはまるで人の心が読めるかのように、2人の考えていることに反応している。
何者なのだこのマスターは。


10.讃歌
確か女性の口ずさんでいた曲がこの曲で…ということで歌ったはず。ライブバージョンはアカ街を思い出しました。この曲はライブバージョンを聴くとぐっとくるものがあります。場所的に酒井さんが近かったのもあって、迫力がありました。


また別のところでは2人の男が出会っていた。
1人はくじけそうな男。もう1人は女性を待っている男。
待っている男はくじけそうな男が聞いていたヘッドフォンを取り上げてその曲を聞いた。


11.新大阪
ヘッドフォンあなたの好きな歌ということですか。このミニシアターでのてっちゃんの役を考えるとこの曲がしっくりきますね。でも、カットがテレビバージョンだったような気がするんですが(フルではなかった気がします)


くじけそうな男は教えられた喫茶店へ向かった。
噂通りコーヒーはまずかった。
話によるとマスターの妹は女優になるために家を出て行ってしまったらしい。
男が待っている女性とはその妹だったのだ。
マスターが言うには今日はテレビに出る日なのだそうだ・・・。


12.北極星
これを歌うのかーと思いました。
歌い出しはアカペラだったけど途中から後ろの幕が開いてキーボードが入りました(松本さんと真里さん)


ここで紹介。
北「くじけそうな男、安岡優
村「お兄ちゃん、北山陽一
は覚えていたんですが、あとの3人は忘れました。
村「以上、ミニシアター純喫茶アカペラでした」


13.エンドロール
4人がはけて北山さんだけに。衣裳は小芝居の衣裳のままです。後ろのスクリーンの模様が不思議な感じでした。キーボードが素敵でした。途中から着替えた4人が入ってきます。2番からのてっちゃんの声がいいな~。

 

MC2
北山さんが一度着替えの為にハケます。まず4人でトーク


・けっこう栃木には来ている
村「ラジオベリーさんが」
酒「ラジオベリーじゃなくて、レディオベリーて言うらしいよ。こういうこと気をつけていかないとね」


佐野日大の話
村「佐野の人いる?」
会場からちらほら手が挙がる。
村「佐野日大出身の人いる?」
二人ほど手を挙げてました。
村「高校サッカーの抽選会をやって選手宣誓をやる学校を俺達が引いたんだけど、それが佐野日大で」
村「日大系列はピンクなんだよね。俺の頃は佐野日大が強くて。あと国学院栃木もスポーツ強いよね」
黒「同じ系列だね」とてっちゃんと自分を手で指す
村「『こくとち』ね」

・他に栃木の話はないの?と。
村「安岡が長期オフの時に那須に行ったって」
安「行きましたね」
村「俺も那須に行きたい」
安「行けばいいじゃないですか」
村「東北道が暗くて怖いんだよ。あ、1車線だとか」


・日光の話
村「俺日光に来たことあるよ。大学のゼミ合宿で。俺が行きたいって言ったの。俺中学は関西だったから行ったことなくて。東京あたりだと行くんでしょ?」
安「僕は埼玉でしたけど、行きましたね」
で、黒ぽんは・・・という流れで。
黒「うちのおふくろが日光東照宮とか好きで、小学校2年ぐらいの時に日光に連れていかれました。俺はそこよりも中禅寺湖のそばにあった生物園に行きたがった」
客席うなずく人あり
黒「オオサンショウウオがいて、あれが怪獣みたいでかっこいいんだよ」
(さすが黒ぽんだ)


・なかなか出てこない北山さん
やっと出てきたら、「出てくるのが遅い」と4人にツッコまれる。

村「おまえ、もっと早く出てこいよ。何度も同じ話してるから困っているのは分かるんだろ」
北「そんなふうにあがいているみんなが好き」
北山さんと入れ替わるように黒ぽんが袖にハケる(多分)
安「北山さんはなんか栃木の話ないの?」
北「大学の時にアルティメットというスポーツをやっていて、その大会で柳田公園という所に来たことがあるんです」
会場「あー」という反応。
その時に宇都宮駅近くのホテルに泊まったそうで(ロビンソンのあたりらしい)
北「夜中コンビニに買い物に行こうと思って外に出たら僕の前で赤いスポーツカーが止まったんです。そのスポーツカーが180度方向転換してまだどっかへ行ってしまって宇都宮は凄いとこだと思いました」

 

・お約束の餃子ネタ
聴かれつくされてるかもしれないけど、あえて聴きますみたいな流れで。
村「『みん○ん』と『ま○し』とどちら派かということを聴きたいと思います。僕らがどっちかということは言いません。ちなみに楽屋には両方届いていました」
安「どちらもおいしかったと言っておきます」
村「必ずどっちかに手をあげてください」
結果は「ま○し」が勝利。


・餃子の皮に包まれたい
2年前に宇都宮に来た時に餃子像の前で写真を撮ったらしいゴスペラーズ(2年前と言っていたのでGTの時かと)
酒「俺も餃子の皮に包まれたい!」
北「入ったら上からバーナーで上から焼くよ」
酒「う~う~」と苦しそうな酒井さん。

 

14.sweet
黒ぽんとてっちゃんがステージ端に立っていて、下3人がステージの真ん中という立ち位置だったと思います。雷の音が入るところで照明が稲妻のようになるのがすごく印象に残っています。


15.Reflections
この曲が始まったときに客席が立ったのでここからは立って見ました。やっぱりこの曲好きですよー。特にてっちゃんのファルセットが凄い!


16.Dance If You Want It(なりきり)
今回はなりきりは何でくるのかなと思ったらこれでしたか~。ラジオでも1回しか聴いたことなかったのですが、わりとすんなりなりきりできました。確かメイン、上手側、下手側、2階の4パートがあったと思います。2階のパートがてっちゃんのパートだったんですが
村「この時間差がたまらない」
と言っておられました(笑)
「Dance」のアクセントにこだわっていたという印象がとても残ってます。あとサビの振り付けも一緒にやれて楽しかったです。ちなみに安岡さんはこの曲の途中でマイクを落としました。落とした後に「しまった」という顔してマイクを拾い、またマイク回しをしながら歌っていました。しっかり見ちゃったぞー。


17.シークレット
16.Dance If You Want Itから流れ込む形でこの曲入りました。これも意外な選曲でした。まさかfeel'nのシークレットのコーナーが前フリなのでは?とまで考えてしまいました。てっちゃんがカッコよかったです。


18.FRENZY
これもまさかの選曲でした。でもGTの時のあの絶妙なダンスがなかったのが残念でした。あれ好きなのに。やっぱりこの曲はサビの酒井さんに注目です。HBBはホントにかっこいい。どうしても目がいってしまいます。この曲が騒ぎすぎたのでこの曲が終わった後は暑かったです。


19.Real tight
この曲まだ歌ってなかったなーと。CDで聴く以上に熱い曲でした。この曲も酒井さんが凄く印象に残っています。


20.星屑の街

また幕が閉じてステージは前半分だけになりました。途中から幕が開いて後ろのスクリーンに星空のような照明が出てきたんですが、これが本当に綺麗でして。ほーとみとれてしまいました。


21.街角-on the corner-
よく考えれば街つながりの曲なんですね。イントロのキーボードも印象的なんですが、途中で入るベースがかっこいいです。そうえいば今回はベースの須藤さんとギターの玉川さんも踊ったり、色々やっていて楽しかったです。星屑の街に続いてこの曲もスクリーンが綺麗でした。


アンコール
村「座って聴いてください」
1.ひとり

ベタな選曲かもしれないけど、久しぶりに聞いたらやっぱりいいと思いました。

ここで多分メンバーからの一言が。
でもほとんど覚えていません。
安「これからは楽屋でもリーダーかっこいいとか言っていこうと思います」
北山さんがしゃべろうとした時に声かけがあったので
酒「しゃべりたいんだからしゃべらせてやれ」


黒「愛するあなたにこの歌を送ります」
2.永遠に
やっぱり歌わないわけにはいかないだろうと思いつつ、ちと心配でもありました。


最後の発声は黒ぽんでした。
「ありがとうございましたー」と。

バンド紹介ではカレー部部長が謎の動きをしてました。ピック投げたり、何かを投げるフリをする人など様々でした。ちなみに音叉は私の3~4列ほど前の人がゲットしていたようでした。最後バンドメンバーと5人がステージの中央に集まって幕が閉じていきます。途中で幕が止まったり、また開いたりと小ネタをまじえてました。

MCというか小ネタ集
・3階がお気に入りだったてっちゃん
てっちゃんは今回3階席がお気に入りだったみたいで、3階は何回もかまってました。2階は黒ぽんがかまってました。そして1階は1回しかかまってくれませんでした。

 

You are my girlの話

You are my girl」でひざまづいて歌うところは
安「俺って何やっているんだろー」
という気持ちで歌っているそうです。


・俺そんなこと言ってないよー
オープニングで安岡さんがてっちゃんにむかって「バカじゃないの?」とか「虫みたい」とか言っている話をした後。袖に引っ込んだ時に大声を出してはいけないこのタイミングで
安「俺って『バカみたい』とか言ってないよね?」とてっちゃんに聴いていたらしい。


・村上ナンバー1
MC途中で男性の声で声かけが
村「村上ナンバー1て嬉しいな」
酒「こうなるとナンバー2は誰なのかが問題になる」
村「学校でクラスの男子ランキングとかノートに書いていた人ー?」
会場からけっこう手が挙がりました。
村「そういうのやめてね」

お約束曲あり、意外な曲ありとやっぱりナマのゴスペラーズは最高だと思いました。
そしてあの席位置。ありがとうございました。アカペラのスナップが聞こえた時に席の近さを感じました。ついでに1年ぶりにホールライブで、開演まで座って待てることのありがたみを感じました。次は郡山です。ここもGTと同じホールです。楽しみです。