読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

ゴスペラーズ坂ツアー2002 GT(宇都宮市文化会館)

レポート ゴスペラーズ

注:MCの各メンバーの言葉は正確なものではありません。だいたいこんな感じかなと思ってください。

 

行ってきました、ゴス坂ツアー2002GT!!私にとっては初賛歌で、初めてのことだらけでドキドキしっぱなしでした。もちろん初参加ということで思い入れも大きかったのですが、私にとってはそれ以外の理由でも思い入れが大きかったのです。「コンサートレポート書くぞ!」と意気込んでいたのですが、コンサート終了後、思ったほどコンサートの内容を覚えていませんでした。その足りない記憶でレポートを書いてみましたので、あやふやな部分が多いです。

とりあえず開演までの話です。宇都宮駅からバスで会場まで向かいました。バスの中は同じ目的の方でいっぱいでした。運転手さんに「あの、文化会館まで行きますか?」と聞いていた人が多かったです。私達の後ろの席の方もゴストークをしていました。

会場に到着して真っ先に目に入ってきたのは搬入口付近に止められた2台のツアートラックでした。1台は「FRENZY」のジャケ写が描かれたもの、もう1台はイラスト版のゴスが描かれたものでした(このイラストがグッズのステッカーやポストカードに使われています)とりあえず記念写真を撮り、開場時間を過ぎていたので入り口に向かいました。

グッズは後にして座席の確認。席は1階席の後ろの方で下手側でした。今まで1万人クラスの会場しか行ったことがなかったので、ただただステージの近さに感動してました。席は後ろから数えた方が早かったくらいなんですが、思っていた以上にいい席でした。トイレに行った後、グッズを買いに行こうと思ったんですが、ものすごい行列。グッズ売り場が会場の1階のロビーにあって、行列が3階まで階段沿いに続いていました。開演時間ギリギリまで並ぼうと思い並んでいたら、係員のお兄さんに「グッズは終演後にお願いします」と言われたので、おとなしく席に戻りました。

ステージ上はバリK〜さんのDJタイムでした。照明は落ちていて、ドライアイスも少したかれていたかな〜?うすいカーテンみたいなものがつるされていて、上手側の方ははっきりとは見えませんでした。スタッフさんが座り始めたのを見て「もうすぐ開演」と思いました。

1.侍ゴスペラーズ
2.Get me on
MC1
3.永遠に
4.it should've been me(that loved you)
5.残照
6.メドレー
Dawn〜夜明け〜 〜告白〜東京スヰート〜この世界のどこかに〜AIR MAIL〜誓い〜Body calling
MC2
7.ポーカーフェイス
8.熱帯夜
9.八月の鯨
10.ひとり
11.Atlas
12.FRENZY
13.FIVE KEYS
アンコール
1.こういう曲調好き(なりきり)
2.砂時計
3.約束の季節

 

オープニング
ステージの上からつるされていたうすーいカーテンがステージ上に落ちると、そこにはすでにゴスペラーズの5人が!!FRENZYのジャケ写で使われているソファと同じデザインのソファに座ってました。並びは左から、酒井さん、黒澤さん、村上氏、北山さん、安岡さん。あまりにステージが近いことに私は感動して、しばらく口から「近いよ〜!!」としかでてきませんでした。ここでのBGMはなんだか分かりませんでした。ダンスと郷さん直伝(?)のジャケットプレイを見せてくれました。

1.侍ゴスペラーズ
でしたが5人の紹介の部分はなし。歌詞をところどころ変えて歌っていたんですが、どんな風に変えていたかは忘れました(汗)

2.Get me on
実はなんとなくオープニングあたりにくるだろうと思ってました。北山さんのダンスがいつになく気合が入っていて(コンサートではこれくらいが普通なんでしょうか?)、ターンするたびに客席から歓声が上がってました。この曲が終わってMCへ

MC1
栃木にくるのは昨年の11月の今市以来で、わりと早いスパンで回ってきたと言ってました。しかしてっちゃんは今市が11月なのか10月か忘れてしまったらしく、客席から「11月〜」と教えられてました。
メンバーの自己紹介は
村:30歳村上てつやです
黒:(シャウトの後に)31歳、黒沢薫です
北:身体で感じてください北山陽一です
酒:(ヒューマンビートの後に)心して聞け!酒井雄二です
安:会いたかったよ安岡優です←もちろん観客大歓声。

ここでてっちゃんが「今日は8時間のライブです」と発言する。観客は歓声をあげるが安岡さんに「こんなかに絶対困る人いるでしょ」とツッコまれる。
村:最後の方になったらゴスペラーズのコンサートは時間の流れが違うんだと言う
と言ってました。このネタは最後のMCまでひっぱるネタとなりました。

安:この曲で僕達のことを知った人も多いと思います

3.永遠に
ここからはしばらくバラードが続くので座りました。多分アレンジはunpluggedバージョンだったと思います。

4.it should've been me(that loved you)
最初は酒井さんだけ立つ。他の4人は後ろのソファに座ります。途中から北山さんも加わります。北山さん熱唱という感じでした。

5.残照
冒頭部分を誰が歌っているのかという疑問がようやく解決しました。そしてあんまり覚えていない。残照の後に5人が交代で呼びかけのように歌詩を朗読(?)する。多分「誓い」とあと何か1曲だったと思います。とても印象に残ったシーンでありました。

6.メドレー
Dawn〜夜明け〜 〜告白〜東京スヰート〜この世界のどこかに〜AIR MAIL〜誓い〜Body calling
この7曲をメドレーで歌ってました。順番は忘れてしまいましたが、1曲目は「Dawn」であったことは確かです。あの呼びかけの後の「Dawn〜夜明け〜」を聞いて、うるっとしかけました。「東京スヰート」は北山さんのリードが良かったです。しかし、すぐ聞いただけでは曲が出てきませんでした。「この世界のどこかに」では安岡さんがリード、郷さんとは一味違った感じでした。「AIR MAIL」はサビにくるまで何の曲なのか分からず。すいません、私の勉強不足です。「告白」はスローバージョンで、普段と違ったアレンジになっておりました。ここでバラードタイムは終了。しばらくMCとなります。

MC2
けっこういろんな話題が出ていたので、話題ごとにわけてみました。
1.ツアーは今日で10本目
ゴス坂ツアーは今日が10本目で、ツアーは50本近くあるためまだ5分の1くらいだそうです。
酒:指でいったら親指分
村:ゴスペラーズでいったら、酒井1人分
と説明をする。
そこで酒井さん何を思ったのか
酒:1抜けセントルイス
と叫ぶ。一瞬、客席がついていけなくなる。酒井さんの意図としてはウルトラクイズで抜けてセントルイスに行くということだったらしい。しかしメンバーにはお笑いコンビのセントルイスのことと思われてしまったようです。ここで80年代のお笑いが大好きな安岡さんがノッてくる。ここで色々なお笑いの方の話をしていました。そしたらあまりにもイキイキとして話しているので、
てっちゃん(多分)に
村:安岡は80年代のお笑いの話になるとノってくるんですよ。MCでいつもツッコまれて、ベタベタな汗をかいているのに今日の汗はサラサラしてる
安:清流のようにね

2.ボーリングの話
どこのコンサート終了後の話かは忘れましたが、コンサートが終わってから5人でボーリングに行ったそうです。ボーリングといえばベースの須藤さんが、マイボールを持っている勢いで上手いのだそうです(実際は持っていない)ボーリングのハイスコアは酒井さん、村上氏、黒澤さん、北山さんは150ぐらいで、安岡さんが130と言った時に客席から笑いがあがりました。そしたら北山さんに
北:今のは笑うとこじゃない
とツッコまれる。ボーリングのフォームの話になり、酒井さんは速ければいいと思っているらしくボールを投げるスピードが速いらしい。逆に村上氏はスピードはゆっくりすぎて、いいコースにいっても倒れないことがあるそうな。

安岡さんは人生の中であまりボーリングをやったという記憶がないらしい。だからストライクをとると活きあゆのようにはねて喜ぶのだそうだ。その姿もちゃんと実演してくれてました。
酒:あっ、あゆっていってもこれじゃないからね
とスペシウムのまねをする。これはわかりやすかったのか、けっこうウケてました。安岡さんは2ゲームめあたりでへばってしまうらしく、そうするともう活きあゆじゃなくなるんだそうです。

3.スケートの話
安岡さんが人生の中でボーリングをやった記憶がないという話から、スケートもやった記憶がないという話に。ちなみに酒井さんもやったことがないらしい。そんな2人を村上氏はスケートに誘うが、誘った本人もスケートはできないらしい。3人して氷上で震えている絵が安岡さんは嫌らしいです。スケートといえば青森出身の北山さん。高校の体育の授業でスピードスケートかホッケーを選択できて、北山さんはホッケーをやっていたそうです。
村:北山は細いから防具の方が大きくて、しかもすぐ上げちゃうから(ホッケーの棒みたいなやつ)反省部屋に入れられてしまう
とけっこうなことを言われてました。酒井さんがゴスペラーズのコンサートでもそういう反省部屋と作ろうという話を持ち上げる。しかし村上氏に
村:そんなのを作ったら、お前が真っ先に入る!
と言われて早速実践して、ソファに座ってました。その反省する姿が上手だとツッコまれてました。
スケートの話のどこかで
村:このへんでもホッケーやるの?
と聞いたところ、客席は拒絶の返事。
安:思いっきり否定されましたよ
と言ってました。多分日光、今市あたりではやっていると思いますよ。宇都宮あたりは雪が降るような寒さではありませんから。

「FRENZY」は買ってくれた?という話になって客席からは肯定の返事が多かったものの、北山さんから「あっ、私まだ…」という人がいるとツッコミがはいる。どういう流れかは忘れましたが、後半戦へ。
7.ポーカーフェイス
村:みんながこの曲を好きなのは、よく分かります
と言ってから始まったので、なんだろうと思っていたらポーカーフェイスでした。
間奏の部分で5人はひっこんで衣裳チェンジ。白のスーツに、黒のシャツに変わります。思えばイラストの衣裳と同じですよね〜。(野猿のCgのスーツに似てると実は思ってました)5人がひっこんでいる間はラップとか、キーボードソロとかだったような気がします。

8.熱帯夜
大好きな曲なのに、一瞬何の曲だか分からなくて、FRENZY中心の選曲だから聞けると思ってなくて、素直に嬉しかったです。しかし、♪Baby…Baby…のところで振り付けがあるとは知りませんでした。

9.八月の鯨
ぎゃー、何も覚えてないです。すいません。

10.ひとり
おっ、急にアカペラ。生で聞くアカペラはテレビで見るよりずっと良かったです。

11.Atlas
多分ひとりの次はこの曲だったと思います。これも聞けると思ってなかった曲です。もう大好きな曲で、Atlasだと分かった瞬間、嬉しくてしかたありませんでした。

12.FRENZY
一転して激しいステージへ。最初のところのダンスはよく覚えてないですが、かなり激しかった気がします。多分この曲の時だったと思いますが、北山さんが側転していて「おーっ」と思いました。運動神経いいんだな〜。

13.FIVE KEYS
激しいステージはまだ続きます。最初、腕を振り上げるタイミングが分からなくてノリきれなかったんですが、なんとか後半がついていくことができました。
途中、
村:7時間半のライブは疲れた〜
と言って5人とも横になってしまうのですが、歓声で復活します。バンド紹介をして、一旦退場します。バンドマンは出てこないで、メンバー5人だけ出てきました。ちょっとMC入れてから、アンコールへ。

14.こういう曲調好き(なりきり)
すいません、この曲知りませんでした。ようやくサビにきて分かりました。勉強不足だ。そして、アカペラでなりきり!!1階席の下手側の前の方が黒澤さんパート、2&3階席と1階席の上手側の前の方が安岡さんパートでした。ちなみに私の残りのパートでした。安岡さんのパートは難しいからなのか
村:やってみて失望してみてください
と言われてました。確かに難しそうなパートでした。これをバックにして5人が歌っていたのですが、曲は分かりませんでした。リーダーの合図で止まったんですが、一瞬余韻が残りました。酒井さんの「いい余韻だ!」の言葉が印象に残ってます。

15.砂時計
これも大好きな曲です。この曲に振り付けがあるとは意外でした。そういうイメージの曲ではなかったですから。

16.約束の季節
最後はさわやかに。改めてこの曲を「いいな〜」と思わせてくれました。

改めてバンド紹介。ギターの玉川雄一さん(だったと思う)が紹介された後にピックを投げたんですが、客席まで届かずステージ上に落ちてしまったんです。
なので、もう1回紹介されてました。2回目は無事に成功しました。キーボードの佐々木真里さんはとてもセクシーで、素敵な方でした。うらやましい。そしてゴスペラーズ5人も紹介。北山さんは音叉投げてました。紹介が終わった後、ステージ袖に引っ込むのですが、北山さんが一番最後までステージにいて、投げキッスをやってくれました(←もちろん大歓声)

 

とにもかくにも、私は初参加。見るもの聞くもの全てが初めてで、ネットのコンレポを読んで知っていたものもあるにしても、自分で体験するのは初めてですから。予想以上に激しいコンサートで暑かったです。今まで行ったことがあるコンサートはすべて野猿で、会場も1万人くらいのとこばかりだったので、とにかくステージの近さが感動モノでした。あとは北山さんの動きっぷりから目が離せませんでした。気がつくと北山さんを目で追っているんです。MCもあんなにしゃべってくれると思ってなくて、普段テレビなどで聞くトークと負けじと劣らずおもしろかったです。うーん、個人的な希望を述べるならば、「真夜中のコーラス」が聞きたかったかな。次の郡山がいちだんと楽しみになりました。