すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

竜馬の妻とその夫と愛人

個人的に三谷さんの脚本も好きですし、幕末あたりからの歴史も好きなのでおもしろかったです。ノリさんは松兵衛にぴったりだったと思いました。おりょうもカッコよかったです。竜馬の妻という立場はおりょうにとって束縛ではなく、誇りだったんだろうなと私は思いました。坂本龍馬にあこがれていた虎蔵は最初はカッコよかったのに、だんだんカッコ悪くなっていくのがおかしかったです。

小ネタも色々ありましたね。三谷さん長屋の住人役でちゃっかり出演しているし。でも、小林聡美さんとトータス松本さんの出演にスタッフロール見るまで気がつきませんでした。あと、松兵衛と虎蔵の決闘のシーンでのノリさんのキックはノリダーキックに通じるものがあると見たのは私だけでしょうか?そして最後に明らかになった松兵衛の坂本龍馬へのかり。もう笑うしかありませんでしたね。竜馬暗殺のほとんどの原因が松兵衛ですよ。しびれ薬が効いていたらいくら龍馬だってねえ。おりょうは知っているのだろうか。

覚兵衛のことを1つも書いてませんでした。おりょうに誘われてその気になってしまったところが一番印象的です。ずっと真面目そうな感じなのに、そこだけその気になってしまったのがおかしくて。おりょうが出ていってしまうとこでの松兵衛の「俺が重荷なら軽くなるから」のセリフが好きです。松兵衛が本当におりょうが好きなんだということが伝わってくると思うからです。