すてきな日々-Wonderful Days-

音楽、映画、舞台の記録

パルコミュージカルシアター 恋と音楽FINAL~時間劇場の奇跡~

恋と音楽FINAL ~時間劇場の奇跡~

作・演出:鈴木聡

音楽:佐山雅弘

会場:PARCO劇場

観劇:2016年2月14日マチネ

 

舞台が発表になったときはSMAPがこんなことになっていようとは誰も思ってなかったと思います。ちょうど先行発表の日に例のニュースがあって、ニュースも気になるけど先行の結果も気になるという慌ただしい日でした。無事に先行で1公演取ることができました。

今回はお花が撮影OKだったので撮影してきました。ヒロくんとしのぶくんからのお花もあった。今回は桃李くんはあったけどなりみーから来てなかったです(何の報告だ)あとはしんたろーくん、唐沢アニキ、AKIRAさんなど。開演10分ぐらい前からバンドによるウェルカムコンサート。「LOVE」あったような気がするけれど記憶があやしい。恋と音楽FINALにして初めてバンドがよく見える席までいけて嬉しかったです。

恋と音楽も3作目となり真飛さんと吾郎さんペアが好きだとしみじみ思いました。1作目は作家と理想のスター、2作目はマネージャー同士、ついに3作目にして恋人同士。しかもミュージカルスターの役なので、とにかく衣裳がいい。オープニングのダンスが宝塚のデュエダンぽくて素敵。真飛さんを舞台で見ていると、階段降りのときなどに元宝塚をビシビシと感じることができて、そこが好きです。真飛さんは元男役ですけど、吾郎ちゃんとのデュエダンのときはちゃんと女性だなと思いながら見てました。
ストーリーはタイムトリップものといっていいのかな。恋人同士でありながらそれを隠している修司(吾郎ちゃん)と麗子(真飛さん)今回のミュージカルが終わったら麗子にプロポーズしようと思っていた修司。ところが楽屋の置時計を落としたはずみで急に動き出してしまう。そこに現れた二人は30年後の修司(小倉さん)と麗子(北村さん)だと言いはる。これまた30年後の修司がまさに時空がゆがんだといいますかなんというか(笑)30年後の二人は今の二人に向かって「結婚はするな」と言いはる。理由は子供ができてから修司が浮気をするから。子供ができてから浮気ってまたタイムリーなキーワードだなぁと。他にも「結婚できないやつがいる」とか時事ネタやSMAPネタも入ってました。このあたりは鈴木さんがよくやる手段。歌も安定していてよかったと思います。佐山さんによるとキーを本人に合わせられるらしいからSMAP曲よりも歌いやすいのかも。アルバムのソロ曲を佐山さんにお願いできたらなーなんて思っていたこともありました。 
吾郎さんの衣装はこれまでで最高でした。No9のときにもクラシカルな衣裳がとても似合ってましたが、今回はミュージカルスター役なので衣裳がたまらない。とくにラストの衣裳は声あげちゃうよね。ウワサには聞いていたけど思っている以上にハマってた。あーいう衣裳を着て許される男性てそうそういないと思うのです。
恋と音楽FINALの発表があってから例の報道があって、最初は飛ばし記事だろうと思っていたけれど発表になるニュースに不安を抱えていたファンは多かったと思います。きっとSMAPも大変ななかでも楽しくてハッピーな恋音の舞台稽古があったわけで、きっとそんな顔は見せずに吾郎ちゃんは座長として振る舞っていたんだと思うんだけど、そう考えるとプロなんですよ。劇中でも「僕たちはウソを本当に見せるプロ(ニュアンス)」というセリフがあったけれど、まさにそれなんだよと思いました。
 
No9のときにはなかったカーテンコールでの挨拶もありました(No9はあえてしなかったとラジオで話していたような記憶が)観劇当日がバレンタインデーだったので吾郎ちゃんから「ハッピーバレンタイン」をいただきました。すぐに自分で「男性から言うことじゃない」と自分でつっこんでました。さすがに2回は出てきてくれなかったです。
  
改修工事のためPARCO劇場とはしばらくお別れになりますが、またPARCO劇場に帰ってこれる日がくることを今から楽しみにしています。

No9-不滅の旋律-

No9-不滅の旋律-

脚本:中島かずき

演出:白井晃

音楽監督:三宅純

会場:赤坂ACTシアター

観劇:2015年10月12日(マチネ)10月18日(マチネ)

 いやあ凄い舞台でした。初めて舞台の稲垣吾郎を見て泣きました。何に対して泣いたのかまったくわからないんだけど、涙が自然とあふれてきました。クラシック音楽は好きなジャンルではありますが、あまりベートーベンの曲は聞いたことがありませんでした。そんな自分ではありますが、唯一全楽章知っているベートーベンの交響曲が第9番です。単純かもしれないけど、終楽章の歓喜の歌はぐっとくるものがあります。あれだけのメロディを考えたベートーベンはやはり天才だったんだと今回の舞台でしみじみと思いました。

 

<10/12感想>

赤坂ACTシアターは初めての会場。今回はお花撮影OKでした。出演者も多いので花もいっぱい。けっこう撮ってきちゃった。ひさしぶりに成宮くんから来てたのが嬉しかった。あとは吾郎さん関係者だと、桃李くん、檀ちゃん、真飛さん、しんたろー、AKIRAさんなどなど。ヒロくんからもありましたし、演出の白井さんあてにヤマコーさんと堀北さんからきていて並べたのはあえてですよね(笑)

実はですね。今回最前列だったんです。チケットが手元に来てからだいぶ前だとは思ってましたが、本番近くになって座席表を見たら3列つぶれて最前列だと知り焦りました。もうストーリーは理解できなくてもいいから吾郎さんだけを見ると決意しました。立ち位置の都合なんでしょうけど、何回か目の前に来ましてね。そのたびに見上げるように見てました。何回も「あ、稲垣吾郎てホントに存在するんだ」と思いました。

ベートーベンは感情の起伏が激しいとは聞いていましたが、舞台上の吾郎さんの暴れっぷりが想像を超えていてすさまじかったです。セリフのほとんどは怒っているし、物も投げつけたり、怒鳴って人を追い返したりなんてあたりまえ。周囲の人を振りまわす役というと、ぼっちゃまや啄木のはじめちゃんもどちらかというそういうタイプだと思いますが、ベートーベンはもっと感情的に振りまわしている印象です。映像でもあそこまで暴れる役はなかったんじゃないかな。

会見で話していたことだとまずウィッグ。あまり違和感なかったです。もう少し伸ばしたら地毛でもいけるんじゃないかと思ったけど、後半で年齢を重ねるからウィッグが必要なんですね。ウィッグは3段階あったと思うんだけど自信ない。第1幕は会見でのウィッグだけだったと思うんだけど、第2幕は白髪交じりとラストの白髪と2段階あったような記憶が。白髪とガウンの組み合わせが本物の肖像画のベートーベンに見えてドキっとしました。衣裳はマントとか燕尾(でいいのかな?)とか好きな衣裳がたくさんでたまりませんでした。帽子かぶってマントを着用するシーンがあるんですが、帽子からみえるくせ毛の雰囲気とマントで一瞬「耕さん!」て思いました。帽子の形は全然違うんだけど、後ろ姿に耕さんを感じました。あとラブシーンのことも話題になっていたけど、わりと最初のほうでした。ヨゼフィーネさんとね。でもあれぐらいのラブシーンならヴァージニアウルフでもやっていたと思います。

どうやら同じ回につよぽんが観劇していたらしいのですが、全然気づかなかった。またオーラ消してたでしょ?もー。

 

<10/18感想>

前回の観劇終了後にローソンでチケットをポチってしまった。どちらにしても今日は都内まで行こうと思っていたので。当日券にしようかと思ったのですが、絶対にもう一度見たかったので立見を覚悟してチケットを取りました。

立見なのでゆるっと開場後に到着。コインロッカーに大きい荷物を預け会場へ。立見とはいえ場所が決まっていたので場所取りしなくていいのは助かりました。立見は1階席の後方だったので、全体的に見てこよう思っていたのに結局はベートーベンをガン見して終わり、12日と同じ場所で泣きました。立見は後列もあったようです。たまたま隣がいなかったこともあり、わりとゆったり見られました。とはいえ、2回目ということで少し落ち着いて見られたので他の方の感想なんかも書けそう。

 

12日の感想でも書いたけど、ベートーベンは今まで吾郎さんがやったことないタイプの役です。本人いわく最近のドラマの役は小言をぼそぼそ言っているような役が多いので、そのギャップがすごいです。今までの舞台でここまで激しい役ってそうそうなかったんではないかと思うのですが。ひろげんのディープ山崎は話を聞いていると激しそうな役だけど実際に見たわけじゃないから比較はできない。とにかく見たことない吾郎さんをたくさん見ることができました。これまでの舞台の積み重ねがあってのこのNo9のベートーベンだと思いました。細かいことですが、時代が時代なので書く動作は右手でした。でもメルツェルにコーヒー豆を投げ付けるのは左手でした。どうしても吾郎さんの左手と右手の使い分けが気になっていつもチェックしちゃう。この舞台で最後にベートーベンは第9を指揮するシーンがあるけれど、あの指揮もだいぶ練習したんだろうなと思いました。実際の拍の取り方と違う部分もあったと思いましたが、スマスマを見た者としてスマ進からの進歩がすごいと思いました。やっぱり第9「歓喜の歌」の曲のそのもののパワーもすごくって、それと役者さんの演技がよりこの舞台を盛り上げてくれたんだなと。1幕の終わりで歓喜の歌のメロディをソロで歌う方がいますが、それだけでもグッとくるし、2幕の終わり歓喜の歌は泣くしかない。

たとえ騙されていたとしても自分を愛してくれた人にはとことん尽くしてしまう思考が理解しきれないけれど、それは自分が父に認めてもらえなかったことが関係あったのかなと思うし。それが甥っ子への異常な執着となって自分も同じことを繰り返していたのがせつない。子役の子頑張ってたなぁ。

 

優子ちゃんは初舞台とは思えないくらい堂々としてました。元AKBセンターは伊達ではない。カーテンコールかわいすぎ。ルートヴィッヒの弟たち(ニコラウスとカスパール)は二人とも吾郎さんより背が高くて(吾郎さんだって低くはないけどね)その身長差にひそかに萌えてました。この弟たちばはルートヴィッヒに振りまわされてばかりだったけど、嫌いになりきれないところはあったのかもしれません。メルツェルは憎めない感じが好きでした。片桐さんの人徳(笑)コーヒー豆を投げつけられて帰るときのセリフはアドリブだったのかな。18日は「コーヒー豆は大切にしろよ。明日たりなくなるぞ」だったかと。 ナネッテ役のマイコさんはつよぽんと徳市で共演してました。女性としてというよりピアノ職人として認められたいという想いが伝わってきた。アンドレアスはいい人だった。強い女性(マリアとナネッテ)に囲まれて大変そう。フリッツ役の深水さん大きくて迫力があった。

 
何回言っても足りないくらい、吾郎さんはすごかったです。こんな素敵な舞台を演出してくださった白井さん、脚本の中島さん本当にありがとうございました。 

宝塚歌劇団宙組公演「王家に捧ぐ歌」オペラ「アイーダ」より

前からテレビで見る宝塚は好きでしたし、zucca×zucaも読んでいたのでだいぶ身近に感じられるようになってました。一度見てみたいと思っていたのですが以前に見たことがある「王家に捧ぐ歌」の再演があるということを聞き、思い切ってチケットを取り言ってみることにしました。

実はあまり日比谷の劇場が集まっているあたりに行ったことがなく、かなりうろうろしてしまいました。東京宝塚劇場日生劇場と隣り合っているのですね。劇場近くまで行って出待ちしている人がいるところだ!とわかりました。チケットに開場時間が書かれてなくて何時だろ?と思ったら開演1時間前と決まっているそうです。せっかく時間もあるのでキャトルレーヴをのぞく。宝塚にもキティコラボ商品があり、買わずにはいられなかった。キティコラボのチケットホルダーとパンフレットを買う。あまり遅くならないうちに入場。かの有名な公演デザートも食べました。ロビーも広くてゆったり。A席なので2階だったんですが、ちゃんと銀橋まで見えました。オケピもよく見えるし楽しそう。

王家に捧ぐ歌はスカパー無料期間のときに見たことがあったので、なんとなくキャラクターとストーリーは理解していました。だけど初見だと厳しかったかも。エジプトとエチオピアのキャラクターを理解しないことには話がわからなくなってしまう。なんとなくかなめさんがいるときに宙組が見たいと思っていましたが、そういえばまあ様も好きだったなーと思いました、何かの番組で見ていいなと思っていたんです。まあ様かっこよかったです。1幕終わりあたりの衣裳が好きでした。マントさばきもさすが。ミッチーのマントさばきを原点を見たような気がしました。みりおんアイーダはとうこさんとはまた違った印象でした。前夜祭(WOWOWでちょっと見た)でわたさんととうこさんがやっていた首ふるふるもやってましたよね?アムネリスはキラキラしていました。

王家にはアイーダとアムネリスというヒロインが出てきますが、個人的な意見としてはアムネリスに肩入れをしたくなりました。アイーダは一国の王女として敵国の将軍と恋に落ちて心中に近いことをしてしまうわけだから、それでいいの?みたいな気持ちになる。アムネリスからすればエジプトの将来を担うはずの将軍ラダメスは敵国の王女と恋に落ち、ファラオはウバルドに殺されてしまう。もう頼れるのは自分だけとなっての「今から私がファラオになります」なんだと思うのです。男前な王女様でした。歌は全部覚えていないけど、銅鑼の歌が好きでした。あとはスゴツヨ。本当にスゴツヨだった。

 フィナーレでトップスターが羽根を背負って大階段を降りてくるのを見るとザ宝塚という気持ちになります。トップスターの羽根が大きいのは知っていたけど、ステージで見てても思って以上に大きくてびっくりしました。2番手は真風さんだったかな。舞台が終わって外に出たら出待ちの方がいっぱいでした。ジェンヌさんごとに場所が決まっているんですね。

 

また見たいとは思いますが、東京公演はチケット取りにくくて。今回の王家もプレイガイド先行でなんとか取れたような状況だったので、予定が立たないと難しいかなと思いました。